肝臓専門医が教える病気になる飲み方、ならない飲み方

個数:

肝臓専門医が教える病気になる飲み方、ならない飲み方

  • 提携先に8冊在庫がございます。(2020年01月22日 05時22分現在)
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 223p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784828421476
  • NDC分類 498.3
  • Cコード C0047

内容説明

酒は「百薬の長」と言われますが、飲み過ぎれば「毒」にもなります。一生健康で、楽しく、酒と付き合うコツを解説します。

目次

第1章 「○○は肝臓にいい」はウソだった!!
第2章 あなたの「酒の常識」は本当に正しい?
第3章 酒を飲むなら知っておきたい肝臓病の基礎知識
第4章 アルコールと生活習慣病の関係
第5章 増えている「お酒好きな女性」の問題
第6章 好きなお酒を、死ぬまで楽しく飲み続けるために
第7章 アルコール依存症にならないために

著者等紹介

加藤眞三[カトウシンゾウ]
1980年、慶應義塾大学医学部卒業。1985年、同大学大学院医学研究科修了、医学博士。1985~88年、米国ニューヨーク市立大学マウントサイナイ医学部研究員。その後、都立広尾病院内科医長、慶應義塾大学医学部内科専任講師(消化器内科)を経て、慶應義塾大学看護医療学部教授(慢性病態学、終末期病態学担当)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。