それでも強い日本経済!―世界は新冷戦へ突入

個数:

それでも強い日本経済!―世界は新冷戦へ突入

  • ウェブストアに206冊在庫がございます。(2018年11月18日 19時09分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 222p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784828420516
  • NDC分類 333.6
  • Cコード C0033

内容説明

会社四季報の達人が教える日本経済の行方。日本人は「悲観論」から脱却すべき。外国人エコノミストが世界の裏を読む!新冷戦、通貨危機、日本破綻、不況etc.

目次

第1章 日本の明日をポジティブに考える(AIによって約30%の仕事がなくなる!?;高給取りの人たちほど危機感を持つべきだ ほか)
第2章 世界は“新たな冷戦”の構造へ(「イラン核合意」の行方;中東情勢に大きな意味を持つサウジの方向転換 ほか)
第3章 仮想通貨とVIXショック(仮想通貨ビットコインと電子マネーの違い;仮想通貨とブロックチェーン ほか)
第4章 日本の無理と無駄と弱点、そして強味(消費税10%が2019年10月から実施されるが;震災と原発事故による暗さを払拭しただけでも安倍政権の功績は大きい ほか)
第5章 複眼経済塾流株式投資の心得(個人投資家は、もっと主体的に日本株に投資すべきだ;投資はサイエンスであり、投機はアートである ほか)

著者等紹介

ユルマズ,エミン[ユルマズ,エミン] [Yilmaz,Emin]
エコノミスト、為替ストラテジスト。トルコ・イスタンブール出身。16歳で国際生物学オリンピックに優勝。翌年日本に留学し、1年後に東京大学理科一類に合格。東京大学工学部卒業。同大学院にて生命工学修士を取得。卒業後、野村證券に入社し、M&Aアドバイザリー業務、機関投資家営業業務などに従事。2015年に四季リサーチに入社、2016年に複眼経済塾取締役・塾頭に就任。現在、トルコ国立報道機関アナトリアンエージェンシーの専属アナリストも務めている。日本メディアにて活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。