金正恩の黒幕はアメリカだった

個数:
  • ポイントキャンペーン

金正恩の黒幕はアメリカだった

  • ウェブストアに15冊在庫がございます。(2017年12月18日 00時58分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 237p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784828419633
  • NDC分類 319.21
  • Cコード C0095

内容説明

メンツをつぶされた中国、無視された韓国、バカにされている日本。「米軍が一時間で平壌制圧」は真っ赤なウソ。米国と中国が北朝鮮をつぶせない本当の理由。

目次

第1章 北朝鮮で何が起きているのか(金正男暗殺の全貌は絶対に明らかにならない;マレーシアの闇 ほか)
第2章 習近平は絶対に金正恩を殺せない(五月十四日ICBM発射実験の衝撃;メンツをつぶされた中韓 ほか)
第3章 韓国が北朝鮮に飲みこまれる日(父親朴正煕と同じ運命をたどった朴槿恵の末路;朴槿恵の父親を裏切った男の息子を大使につけるアメリカ ほか)
第4章 東洋の「火薬庫」だった朝鮮半島(大国を巻き込むことで延命してきた朝鮮半島;中ソ対立を煽った北朝鮮 ほか)
最終章 冷徹な世界で生き残るヒントは歴史にあり(この期に及んで核論議すらできない日本;「北朝鮮を一時間で制圧」という楽観論は嘘 ほか)

著者紹介

菅沼光弘[スガヌマミツヒロ]
元公安調査庁調査第2部長。東京大学法学部卒業後の1959年、公安調査庁入庁。ドイツのマインツ大学に留学、対外情報活動部門を中心に旧ソ連、北朝鮮、中国の情報収集に35年間従事する。対外情報の総責任者である調査第2部長を最後に1995年に退官。アジア社会経済開発協力会を主宰(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)