知らないと大変 民法改正Q&A

個数:

知らないと大変 民法改正Q&A

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2019年10月20日 01時31分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A4判/ページ数 102p/高さ 29cm
  • 商品コード 9784828307831
  • NDC分類 591.8
  • Cコード C0036

目次

第1部 知らないと大変!影響が大きいこの業界(企業全般・個人事業主への影響;小売・サービス業への影響;建築・不動産業界への影響;IT・製造業界への影響 ほか)
第2部 民法改正の重要ポイントQ&A(職業別に1年、2年、3年などとなっていた「短期消滅時効」が廃止され、簡素化されるの?―時効期間と起算点に関する見直し;業務中の事故によって生命・身体が侵害された場合の損害賠償請求権はどうなるの?―生命・身体の侵害による損害賠償請求権の特則;未回収の代金の消滅時効がもうすぐ完成するが、どうすれば時効の完成を防ぐことができるの?―新法における「完成の猶予」と「更新」;相手が債務の存在や範囲について争っている場合でも、協議をしていれば時効は完成しないの?―協議を行う旨の合意による時効の完成猶予 ほか)

出版社内容情報

民法改正で私たちの生活はどう変わるのか、個人事業主やサービス業、金融業など主な業界への影響は? マンガを交えてやさしく解説。