Q&Aマイナンバー法成立で銀行実務がどのように変わるか

個数:

Q&Aマイナンバー法成立で銀行実務がどのように変わるか

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 105p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784828304809
  • NDC分類 338.5
  • Cコード C0036

目次

第1章 番号制度の概要(番号法はどのような法律ですか。;番号法の制定経緯について教えてください。;番号法の今後の施行スケジュールについて教えてください。 ほか)
第2章 番号法上の「個人番号」と「個人情報」等(番号法上の「個人情報」及び「個人情報ファイル」とはどのようなものですか。;番号法上の「個人番号」とはどのようなものですか。;「個人番号」はどのようにして指定され、通知されますか。 ほか)
第3章 金融機関への影響と具体的対応(金融機関をはじめとする民間事業者が番号制度に負う個人情報の管理は、個人情報保護法による個人情報保護の管理措置とどのような点が異なりますか。;情報提供ネットワークシステムにより特定個人情報の提供はどのようになされますか。;マイ・ポータルとはどのようなものですか。 ほか)

著者等紹介

渡邉雅之[ワタナベマサユキ]
弁護士法人三宅法律事務所パートナー弁護士。1995年東京大学法学部卒業。1998~2000年総理府勤務。2001年弁護士登録。2011年~成蹊大学法科大学院非常勤講師(金商法)。主な業務分野:金融規制・金融関連コンプライアンスに関する助言、マネー・ローンダリング・反社会的勢力への対策、生命保険を始めとする消費者問題への対応等(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。