本当の夜をさがして―都市の明かりは私たちから何を奪ったのか

個数:

本当の夜をさがして―都市の明かりは私たちから何を奪ったのか

  • ウェブストアに11冊在庫がございます。(2017年10月20日 05時15分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 413p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784826990585
  • NDC分類 519
  • Cコード C0036

内容説明

コンビニ、自動販売機、屋外広告、街灯…過剰な光に蝕まれた都市に暮らし、夜を失った私たちの未来には、何が待ち受けているのか。広がりゆく“光害”の実像を追いながら、私たちが忘れてしまった自然の夜の価値を問い直す。

目次

9 星月夜から街灯へ
8 二都物語
7 光は目をくらませ、恐怖は目を開かせる
6 体、眠り、夢
5 暗闇の生態系
4 夜と文化
3 ひとつになろう
2 可能性を示す地図
1 いちばん暗い場所

著者紹介

ボガード,ポール[ボガード,ポール] [Bogard,Paul]
作家。ジェームズ・マディソン大学で、クリエイティブ・ライティングと環境文学を教えている。The End of Nightは、ノーチラス・ブック・アワード銀賞を受賞。ペン/E・O・ウィルソン・リテラリー・サイエンス・ライティング・アワード、シガード・F・オルソン・ネイチャー・ライティング・アワードの最終候補となった

上原直子[ウエハラナオコ]
翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件