コーヒーの真実―世界中を虜にした嗜好品の歴史と現在

個数:

コーヒーの真実―世界中を虜にした嗜好品の歴史と現在

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年12月04日 05時44分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 323p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784826990417
  • NDC分類 383.8
  • Cコード C0022

内容説明

コーヒーの誕生からスターバックスまで。世界を変えた琥珀色の液体。

目次

わたしたちとコーヒー
コーヒー文化の起源
中国の茶、トルコのコーヒー、そしてウィーンのカフェ
種子をめぐる攻防戦
近代社会はコーヒー・ハウスから
モカの凋落
奴隷制とコーヒー植民地
ナポレオンの大陸封鎖と代用コーヒー
コーヒーの要衝セントヘレナ
ブラジルはいかにしてコーヒー王国になったか
大博覧会の水晶宮で
コーヒー商人アルチュール・ランボー
コーヒーの現在
コーヒー、科学、マーケティング
陰謀と策略―アメリカ合衆国の黒い影
フェアトレード
エスプレッソ―コーヒー界のエスペラント
ベトナム、そして闇の奥

著者等紹介

ワイルド,アントニー[ワイルド,アントニー][Wild,Antony]
イギリスにおける第一級の焙煎業者の買い付け責任者を一三年間勤め、イギリスにスペシャルティ・コーヒーを紹介した人物として広く認められる。その後コンサルタントおよびジャーナリストとして活動。専門は植民地主義とその歴史

三角和代[ミスミカズヨ]
福岡県生まれ。西南学院大学文学部外国語学科英語専攻卒業。旅行会社勤務ののち、翻訳家として活動(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件