サイコ・クリティーク<br> 精神鑑定と司法精神医療

個数:

サイコ・クリティーク
精神鑑定と司法精神医療

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 165p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784826505246
  • NDC分類 498.99
  • Cコード C0047

内容説明

裁判員制度が始まったなかで、触法精神障害者の犯罪・治療・処遇を考える。精神科臨床医、司法関係者(法学者、弁護士)、ジャーナリストの立場から、具体的事例をとおして徹底討論する。

目次

症例報告 強姦事件を起こしたアスペルガー障害の一鑑定例
特別講演 精神鑑定その現状と問題点―刑法39条といわゆる「被告人の利益」
パネルディスカッション(司法精神医療の課題;精神保健福祉行政と司法精神医療―連携の模索;司法精神医療の課題―法律から見た日本の司法精神医療)
指定討論(一般の人から見た司法精神医療;裁判員制度と精神鑑定―弁護士の立場から)

著者等紹介

加藤進昌[カトウノブマサ]
昭和大学医学部精神医学教室教授、昭和大学烏山病院長

岩波明[イワナミアキラ]
昭和大学医学部精神医学教室准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ノンケ女医長

7
平成21年10月31日に開催された「こころの健康科学研究成果発表会(司法精神医療の適正な実施と普及のあり方に関する研究)」の内容を収録したもの。とりわけ、井原裕先生の特別講演「精神鑑定その現状と問題点」では本音と労苦がぶつけられている。「たちの悪い鑑定人がいます」(39頁)や「医療観察法というのは、悪法です。人殺しの治療をしたいと思って精神科医になる人はいません」(54頁)など、勢いのある言葉が並ぶ。受刑中に帰住調整が不調で矯正施設長通報に至った非社会性人格障害の40歳男性などの提示からも、学びがある。2020/06/17

Akihiro Nishio

2
タイトルに偽りありで、精神鑑定の話は全体の半分以下で、医療観察法についてが半分以上占める。司法精神医学の領域で、数十年ぶりに目新しいテーマなので浮き足立つのはわかるが、いつも同じような話でいい加減飽きてきた。本全体が、オープンカレッジでの発表と議論を文字に起こしたもので、鑑定についても、重要なテーマが提出されるも深められることなく、尻すぼみで終わってしまう。まったく無駄な本であった。2013/03/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/2071375

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。