Raspberry Piで学ぶROSロボット入門

個数:
電子版価格 ¥4,070
  • 電書あり

Raspberry Piで学ぶROSロボット入門

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年01月25日 00時19分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 300p/高さ 24cm
  • 商品コード 9784822239299
  • NDC分類 548.3
  • Cコード C3055

内容説明

Linux、GitHub、テストツールの基礎から、走行制御、地図生成まで。ロボットミドルウエア「ROS」を実機で使う知識とワザ。

目次

第1部 準備編(セットアップ;端末を使った基本操作;GitやGitHubを用いたソフトウェアの管理)
第2部 ROS基礎編(ROSツアー;ROSパッケージの公開とテスト;トピック、メッセージの実装とテスト;サービス、アクションの実装とテスト;ROSでロボットを走らせる)
第3部 ROS応用編(USBカメラとOpenCVで人の顔を追う;音声認識ソフトでロボットを操作;ウェブアプリを作ってスマホから操作;測域センサで地図を生成;おわりに)

著者等紹介

上田隆一[ウエダリュウイチ]
千葉工業大学先進工学部未来ロボティクス学科准教授。1978年2月16日生。富山県小矢部市出身。学部4年時から自律ロボットの国際サッカー大会ロボカップに参戦し、そのまま在籍する東京大学大学院工学系研究科精密機械工学専攻に2004年から2008年まで助手/助教として勤務。ロボットのアルゴリズム研究に携わる。2009年にUSP研究所に入社。2013年8月より産業技術大学院大学産業技術研究科情報アーキテクチャ専攻助教、2015年9月より現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

ロボットミドルウエア「ROS」を
実機のRaspberry Piロボットで使う知識とワザ

 Raspberry Piを搭載した車輪型ロボットを題材に、Linuxで動くロボットのプログラミングについて扱った本です。業界標準となったロボット用ミドルウエア「ROS」(ロス)を中心に、その技術全体を、実際にロボット「Raspberry Pi Mouse」(アールティ製)を動かしながら経験できるようにしました。

 ROSのセットアップと活用はもちろん、「技術の総合格闘家」であるロボットの開発者、研究者が押さえておきたい技術や知識を網羅しています。具体的には、デバイスドライバの書き方、Linuxシステムの扱い方、Webサーバーとの連携、GitHubの使い方、ライセンスの選択、基本的なテスト方法などを取り上げました。

 さらに、USBカメラを使った顔認識、音声認識ソフトを使った音声制御、スマートフォンなどのWebブラウザーから操作できるWebアプリの作成、測域センサを使った地図の生成に取り組みます。

 ROSを実機で動かすための知識とワザを凝縮した本です。

写真で見る「ROSロボット入門」

≪第1部 準備編≫
第1章 はじめに
第2章 セットアップ
第3章 端末を使った基本操作
第4章 GitやGitHubを用いたソフトウェアの管理

≪第2部 ROS基礎編≫
第5章 ROSツアー
第6章 ROSパッケージの
第7章 トピック、メッセージの実装とテスト
第8章 サービス、アクションの実装とテスト
第9章 ROSでロボットを走らせる

≪第3部 ROS応用編≫
第10章 USBカメラとOpenCVで人の顔を追う
第11章 音声認識ソフトでロボットを操作
第12章 ウェブアプリを作ってスマホから操作
第13章 測域センサで地図を作成
第14章 おわりに

≪付録≫
第A章 デバイスドライバのプログラミング
第B章 入力周波数と移動距離の概算
第C章 端末・シェル・コマンド・ツールの操作
第D章 Pythonに関するTips
第E章 シミュレータ「raspimouse_sim」
第F章 日経Linux連載時のコラム

上田 隆一[ウエダリュウイチ]