202Xインフラテクノロジー―土木施設の商機を大胆予測

個数:
電子版価格 ¥3,564
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

202Xインフラテクノロジー―土木施設の商機を大胆予測

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 251p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784822235208
  • NDC分類 510
  • Cコード C3051

内容説明

意外な技術が市場をつかむ。土木分野に巻き起こる“産業革命”。生産性向上/メンテナンス革新/国土強靱化/コンクリート革命/生活変える新型道路―ICT、電機、バイオ…、プレーヤーはあらゆる産業に広がる。

目次

1 2020年のインフラテクノロジー(激変の数年後をシミュレーション インフラ改善 道路改修の新市場に挑む;災害対策 新手の複眼で豪雨に備える)
2 これから来る!先端技術(生産性向上 ロボット・ドローン 「i‐Con」で現場が変わる;ウエアラブル機器 体に付けて作業や安全を支援;メンテナンス革新 ビッグデータ 利用者データが決める対策箇所 ほか)
3 2025年のインフラテクノロジー(さらなる未来をシミュレーション 革新技術開発 生物で直すコンクリート)

著者紹介

浅野祐一[アサノユウイチ]
日経アーキテクチュア副編集長。1970年生まれ。1995年慶応義塾大学大学院理工学研究科を修了。インフラ企業勤務を経て2001年に日経BP社に入社。建設雑誌の「日経アーキテクチュア」「日経コンストラクション」各誌の副編集長を務めて、現在に至る。インフラや地方自治に関連した書籍のほか、多くの建築・土木の実務書の執筆・編集を手掛ける。一級土木施工管理技士、気象予報士などの資格を持つ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

インフラ技術の動向を解説し、近未来のインフラ技術を大胆に予測。
インフラ・建設技術者必携の一冊。
インフラ技術の動向を解説し、近未来のインフラ技術を大胆に予測。
技術士試験に役立つ知識も満載。インフラ・建設技術者必携の一冊。

新設から維持管理への移行や人口減少社会、国と地方の財政難といった新しい技術が求められる背景もデータをもとに分かりやすく解説します。
国内外で注目を集めるインフラ市場での勝敗のカギは技術力が握っています。土木・インフラ技術者として、知っておきたい技術トレンドを、その社会背景や市場性なども踏まえて紹介します。技術士試験に必要な専門知識の取得や東京五輪後も活躍するための必携の一冊です。

◆ 目 次
第1章:2020年のテクノロジー像(シミュレーションストーリー)
    ・道路改修の新市場に挑む
    ・新手の複眼で豪雨に備える

第2章:建設技術トレンド
    ・生産性向上:ICT重機・ロボット/ドローン/ウエアラブル機器
    ・メンテナンス革新:遠隔点検/センシング/ビッグデータ
    ・天災から守る:制震/液状化対策/粘り強い構造/ダム再開発/侵食防止
    ・コンクリート革命:表層の緻密化/ひび割れ防止/自己治癒性能
    ・生活変える新型道路:道路構造/物理的デバイス

第3章:2025年のテクノロジー像(シミュレーションストーリー)

Part 1 2020年の
    インフラテクノロジー
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【激変の数年後をシミュレーション】
 ●インフラ改善
 道路改修の新市場に挑む

 ●災害対策
 新手の複眼で豪雨に備える

Part 2 これから来る!
    先端技術
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【生産性向上】
 ●ロボット・ドローン
 「i-Con」で現場が変わる
 ●ウエアラブル機器
 体に付けて作業や安全を支援
【メンテナンス革新】
 ●ビッグデータ
 利用者データが決める対策箇所
 ●センシング
 インフラ管理の“小さな巨人”へ
 ●遠隔点検
 遠くから内部異状を見抜く

【国土強靱化】
 ●制震
 重要橋の改修で中核担う新星
 ●液状化対策
 格子や丸太を使う斬新な一手
 ●粘り強い構造
 “腰のある”堤防や盛り土
 ●ダム再開発
 豪雨で脚光浴びるダム改造
 ●侵食防止
 砂浜の喪失を食い止める

【コンクリート革命】
 ●表層品質
 長寿の秘訣は美しさ
 ●ひび割れ防止
 温度差や乾燥に勝つ
 ●自己治癒性能
 放っておけば勝手に治る

【生活変える新型道路】
 ●道路構造
 道路が切り開く街の未来
 ●物理的デバイス
 交通事故を防ぐ道の出っ張り

Part 3 2025年の
    インフラテクノロジー
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【さらなる未来をシミュレーション】
 ●革新技術開発
 生物で直すコンクリート


浅野 祐一[アサノ ユウイチ]

日経コンストラクション[ニッケイコンストラクション]