化粧品マーケティング (新版)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 404p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784820746386
  • NDC分類 576.7
  • Cコード C2034

内容説明

急成長する中国化粧品市場、ドラッグストア、通信販売の台頭、オーガニック&ナチュラル志向の高まり。変革期にある化粧品ビジネスで指針となるビジョンを構築するためのマーケティングの基本と実践。

目次

Prologue 化粧品業界とは
基本編(化粧品ビジネスで必要なマーケティングの基礎知識;マーケティング計画の基本;化粧品のコミュニケーション戦略;化粧品の販売促進)
実践編(化粧品のブランド育成;化粧品のマーチャンダイジング;化粧品の価格戦略;化粧品における顧客管理とリレーションシップ;化粧品の営業戦略;化粧品における調査;化粧品におけるトレーニング;化粧品のデータベース・マーケティング;化粧品ビジネスの新しい流れ)

著者等紹介

香月秀文[カツキヒデフミ]
1948年生まれ。早稲田大学第一法学部卒業。SONYの国内営業の後、外資系化粧品エスティローダー社のマーケティング次長及び営業部長。日本ヒューブライン社マーケティング部長。モエヘネシー・ルイヴィトングループの化粧品会社ゲランのマーケティング本部長を歴任。欧米トップ企業の日本法人において、マーケティングの専門家として約25年勤務。その間、英国オックスフォード(テンプルトン・カレッジ)において、ジョージ・デイ教授(ウォートン・ビジネス・スクール)主催のストラテジック・マーケティング・コース修了(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。