ここがロードス島だ、ここで跳べ―憲法・人権・靖国・歴史認識

個数:
電子版価格 ¥1,936
  • 電書あり

ここがロードス島だ、ここで跳べ―憲法・人権・靖国・歴史認識

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 262p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784816611032
  • NDC分類 304
  • Cコード C0021

目次

プロローグ(高校ラグビー・二つの両校優勝―すがすがしいノーサイドの90回大会と痛恨の68回大会)
1章 二つの戦後を考える(二つの戦後…―ヨーロッパの1員となったドイツとアジアの1員になれない日本;憲法は悲惨さの中から生まれた ほか)
2章 靖国神社と大東亜聖戦史観(映画『靖国』の上映中止問題と表現の自由―醜悪な日本の姿を見せつけた映像には違和感もあるが;石川護国神社の「大東亜聖戦大碑」に見る時代錯誤―聖戦思想の虚構)
3章 脅かされる表現の自由(公安警察の暴走と脅かされる言論社会―立川自衛隊宿舎イラク反戦ビラ入れ事件;治安維持法時代を彷彿させる公安の暴走―詐欺罪デッチあげ事件の真相 ほか)
4章 裁判員制度はこのままでいいか?(陪審員裁判と似て非なる裁判員制度―司法の民主化は実現できるか;特捜検察の暴走を許してきたのは誰か―調書の捏造から証拠物の改ざんまでは一瀉千里)
エピローグ(「樹を植えに行った話」李貞順を読む―或る在日三代の家族史;若き法曹に語り伝えたい接見交通権確立の闘い―追悼柳沼八郎弁護士)

著者等紹介

内田雅敏[ウチダマサトシ]
1945年、愛知県生まれ。1968年、早稲田大学法学部卒業。日弁連人権擁護委員会委員、日弁連接見交通権確立実行委員会委員長を経て、現在日弁連憲法委員会委員、関東弁連憲法問題協議会委員長、西松安野友好基金運営委員長。弁護士としての通常業務の他に、中国人強制連行問題などの戦後補償請求裁判に取り組む。東京女子大学非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。