インドネシア政治とイスラーム主義―ひとつの現代史

個数:

インドネシア政治とイスラーム主義―ひとつの現代史

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2024年03月01日 23時58分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 282p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784815811341
  • NDC分類 312.24
  • Cコード C3031

出版社内容情報

多様な宗教を包摂する「民主化の成功国」で、「不寛容」の烙印を押されたイスラーム主義者の系譜がなぜ人々を糾合できたのか。デモクラシーと排他性の間で揺れてきた彼らの活動を軸に、インドネシアにおける政治と宗教のダイナミズムを、独立期からSNSの時代まで総体的に捉え直した、俊英の力作。

内容説明

“現代政治と宗教”に深く分け入る。多様な宗教を包摂する「民主化の成功国」で、「不寛容」の烙印を押されたイスラーム主義者の系譜がなぜ人々を糾合できたのか。デモクラシーと排他性の間で揺れてきた彼らの活動を軸に、インドネシアにおける政治と宗教のダイナミズムを、独立期からSNSの時代まで総体的に捉え直した、俊英の力作。

目次

序章
第1章 民主主義の擁護者としてのマシュミ―独立期~スカルノ政権期 一九四五‐六六年
第2章 近代主義思想と宗教的少数派排斥の論理―スハルト政権前半期 一九六六‐八九年
第3章 「政権派」への変容―スハルト政権後半期 一九九〇‐九八年
第4章 民主化後の旧マシュミの分裂と迷走―移行期 一九九八‐二〇〇四年
第5章 宗教的少数派排斥運動の活性化―ユドヨノ政権期 二〇〇四‐二〇一四年
第6章 理念なき圧政批判―ジョコ・ウィドド政権期 二〇一四‐二〇一九年
終章 インドネシアの民主主義とマシュミの伝統

著者等紹介

茅根由佳[カヤネユカ]
1987年生まれ。現在、筑波大学人文社会系助教、博士(地域研究)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。