フランク史〈2〉メロヴィング朝の模索

個数:

フランク史〈2〉メロヴィング朝の模索

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年06月13日 13時49分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 536p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784815810948
  • NDC分類 230.4
  • Cコード C3022

出版社内容情報

「軍閥王」が建設した「自由なる民」の王国は、度重なる分裂と統合を経て何を欧州にもたらしたのか。第一人者による初の本格的通史の第2巻。本巻では世界史の新局面のなか、初代王の征服と受洗から司教座・貴族・宮廷権力の形成まで、海を跨いだ交流を視野にダイナミックに描く。

内容説明

古代から中世への大転換―「軍閥王」が建設した「自由なる民」の王国は、度重なる分裂と統合を経て何を欧州にもたらしたのか。第一人者による初の本格的通史の第2巻。本巻では世界史の新局面のなか、初代王の征服と受洗から司教座・貴族・宮廷権力の形成まで、海を跨いだ交流を視野にダイナミックに描く。

目次

第1部 クローヴィスと初発の諸局面(クローヴイスの軌跡;軍閥王権と征服戦争の継続;国家の構造と支配実践)
第2部 権力と社会のダイナミズム(分裂への道程;アウストラシア・ブルグント連合の帰趨;クロタリウス二世の統一政権 ほか)
第3部 空洞化する国王権力(君臨する宮宰;アウストラシア分王国の台頭;カール・マルテルとメロヴィング朝の終焉)

著者等紹介

佐藤彰一[サトウショウイチ]
1945年生まれ。1978年早稲田大学文学研究科博士課程退学。名古屋大学文学研究科教授などを経て、名古屋大学名誉教授。日本学士院会員。フランス学士院会員、博士(文学)。著書『修道院と農民』(名古屋大学出版会、1997年、日本学士院賞)他(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

MUNEKAZ

20
メロヴィング朝の一般向け通史なんて我が国初では。カロリング朝の前座みたいな扱いで、いまいち実態の見えなかった王朝のことが知れてなかなか良い。王の息子たちによる王国の兄弟分割相続という独自性や、それによって必然的に起きる内乱など、古代から中世への移行期ならではのグチャグチャ感にあふれた内容。またその中でフランクの伝統になかった「貴族」の誕生や、次第に力を着けていく各王国の「宮宰」など次の時代への助走が見られるのも面白い。他に短命の王が多いためか、若年の後継者を支える母后の存在が大きいのも印象に残った。2022/08/20

スプリント

5
家長が亡くなった場合、長子相続ではなく子供たちに国を分割する文化のため兄弟同士の争いが多発している。 親兄弟、同じ名前の人物が多いのでじっくり読まないといつの間にか違う人物を追っていることが多々あった。2024/06/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19978184
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。