修道院と農民―会計文書から見た中世形成期ロワール地方 (新装版)

個数:

修道院と農民―会計文書から見た中世形成期ロワール地方 (新装版)

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年03月01日 20時22分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 784p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784815810849
  • NDC分類 235.04
  • Cコード C3022

出版社内容情報

ヨーロッパ中世世界の成立過程をいかに捉えるか。新発見のサン・マルタン修道院「会計文書」の体系的分析により、この文書がカバーするロワール地方を観察の場とし、史料が語る農村社会の構造と変動の様を介して、古代から中世への移行の様相をはじめて具体的に明らかにした画期的労作。

内容説明

ヨーロッパ中世世界の成立過程をいかに捉えるか。’75年に発見されたサン・マルタン修道院「会計文書」の体系的分析により、この文書がカバーするロワール地方を観察の場とし、史料が語る農村社会の構造と変動の様を介して、古代から中世への移行の様相を具体的に解明。

目次

序論 課題と方法
第1部 聖人墓廟から修道制へ(トゥール地方の空間と自然;サン・マルタン・バシリカとガリアの修道制;教会・王権・修道院特権)
第2部 「会計文書」の世界(文書の伝来と史料類型;文書群とその系譜;分析と推論(一)―空間的枠組
分析と推論(二)―賦課と農民経営
分析と推論(三)―農業技術と農法
分析と推論(四)―社会構造
分析と推論(五)―賦課徴収の実態)
結論

著者等紹介

佐藤彰一[サトウショウイチ]
1945年生まれ。1978年早稲田大学文学研究科博士課程退学。名古屋大学大学院文学研究科教授などを経て、名古屋大学名誉教授、日本学士院会員、フランス学士院会員、博士(文学)。『修道院と農民―会計文書から見た中世形成期ロワール地方』により日本学士院賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。