南シナ海問題の構図―中越紛争から多国間対立へ

個数:

南シナ海問題の構図―中越紛争から多国間対立へ

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年05月16日 13時36分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 331p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784815810542
  • NDC分類 319.2
  • Cコード C3031

出版社内容情報

中国の急速な台頭により国際政治の焦点となった危機の構造を、主要な当事者であるベトナム・フィリピンやASEANの動向をふまえて解明、非対称な大国と向きあう安全保障戦略をとらえ、米中対立の枠組みにはおさまらない紛争の力学を浮かび上がらせて、危機の行方を新たに展望する。

内容説明

米中対立をこえて。国際政治の焦点となった危機の構造を、主要な当事者であるベトナム・フィリピンやASEANの動向をふまえて解明、大国間関係のなかで見過ごされた紛争の力学を浮かび上がらせ、その行方を新たな視点で展望する。

目次

序章 南シナ海問題とは何か―ASEANとベトナム・フィリピンの視点
第1章 南シナ海問題の発生(前史~1990年代半ば)
第2章 南シナ海の「凪」(1990年代半ば~2000年代半ば)―中国の「微笑外交」
第3章 南シナ海問題の再燃(2000年代半ば~10年代半ば)
第4章 対中関係安定化の模索―ベトナムの対応(1)
第5章 対米安全保障協力の強化―ベトナムの対応(2)
第6章 ASEAN、ミドルパワー、そして自助努力―ベトナムの対応(3)
第7章 フィリピンの対応―アキノ政権の対決姿勢
第8章 南シナ海問題の変容(2010年代半ば~現在)
終章 南シナ海問題の構図―総括と展望

著者等紹介

庄司智孝[ショウジトモタカ]
1971年神奈川県に生まれる。2006年東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了(学術博士)。現在、防衛研究所地域研究部アジア・アフリカ研究室長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。