原典イタリア・ルネサンス芸術論〈下巻〉

個数:

原典イタリア・ルネサンス芸術論〈下巻〉

  • ウェブストアに19冊在庫がございます。(2021年06月22日 17時02分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 494p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784815810276
  • NDC分類 702.37
  • Cコード C3070

内容説明

ヨーロッパ芸術の黄金時代はイメージや言葉をめぐる新たな認識の時代でもあった。多様な芸術観を切り拓いた重要テクストが今、原典からの翻訳によってよみがえる―。下巻には、代表的な文学・音楽・演劇論から、コレクション論や図像論、遠近法論や比例論、さらには反芸術論までを収録。

目次

コレクション論―美術品消息
図像論―聖俗画像論(抄)
インプレーサ論―戦いと愛のインプレーサについての対話(抄)
遠近法論―遠近法論(第一書)
比例論―完全比例論
俗語論―俗語論(第一書)
修辞論―ラテン語の典雅(序文)
悲喜劇論―悲劇と喜劇の創作をめぐる談話あるいは書簡
抒情詩論―抒情詩論(第七講)
叙事詩論―ルドヴィーコ・アリオスト擁護
音楽論―『ハルモニア教程』
『古代と当代の音楽についての対話』
演劇論―『スーズダリのアヴラアミイの出立』
反芸術論―ジローラモ・ベニヴィエーニ『カンツォーネ「来たれ、主がおられる」についての註解』

著者等紹介

池上俊一[イケガミシュンイチ]
1956年愛知県豊橋市に生まれる。1983年東京大学大学院人文科学研究科(西洋史専攻)博士課程中退。東京大学大学院総合文化研究科教授などを経て、東京大学名誉教授、博士(文学)。著訳書『公共善の彼方に』(名古屋大学出版会、2014年、フォスコ・マライーニ賞)『原典ルネサンス自然学』(監修、名古屋大学出版会、2017年、日本翻訳出版文化賞)ほか(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。