朝貢・海禁・互市―近世東アジアの貿易と秩序

個数:

朝貢・海禁・互市―近世東アジアの貿易と秩序

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年05月23日 03時12分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 511p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784815809843
  • NDC分類 222.058
  • Cコード C3022

内容説明

天下を統べる皇帝と朝貢する蕃夷諸国―この美しい理念の外形を辛うじて保っていた明代の通商外交体制も、海と陸の辺縁からの衝撃で転換を迫られ、やがて清代には互市が広がっていく。西洋とは異なる「もう一つの自由貿易」への構造変動を、日本の役割も含めて跡づけ、新たな歴史像を実証。

目次

序章 朝貢体制論の再検討
第1章 明の朝貢拡大策と礼制の覇権主義
第2章 貿易の独占と明の海禁政策
第3章 辺境社会と「商業ブーム」
第4章 十六世紀中国における交易秩序の模索と互市
第5章 清代の互市と「沈黙外交」
第6章 南洋海禁の撤回とその意義
終章 互市における自由と隔離

著者等紹介

岩井茂樹[イワイシゲキ]
1955年福岡県に生まれる。1980年京都大学大学院文学研究科修士課程修了。現在、京都大学人文科学研究所教授、博士(文学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

BLACK無糖好き

18
近代中国では、朝貢と貿易を一元化し内外の民間商人の国際貿易を禁圧した明代を経て、清代では商人相互の行為として完結する互市の拡大が目指された。本書は、朝貢関係を基軸とする中国の外交と通商の多様性が示される。礼制にもとづく階層秩序でもなく、商業と資本の自由の領域を拡張する条約体制でもない、東アジア特有の秩序が18世紀の繁栄と平和を築き上げていたという歴史的事実にもっと目を向ける必要があるのかもしれない。理念や世界秩序と通商貿易の関係を改めて再考させる。そのような力が秘められた一冊。2021/03/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15326893
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。