中世日本の世界像

個数:

中世日本の世界像

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年04月19日 01時34分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 593p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784815809027
  • NDC分類 210.4
  • Cコード C3095

内容説明

絵巻や曼荼羅、物語や儀礼のなかで生動する男女・仏神・異類たち。それらの存在を支えた世界像とはいかなるものだったのか。説話や音楽から、性や童子、さらには聖地や霊地まで、時代とともに揺れ動く文化の諸相を一望し、中世的世界を多面的にとらえた渾身の書。

目次

はじまりのテクスト
総説1 中世日本の世界像
総説2 中世的世界の形成
第1部 芸能の世界像(中世の音声と音楽―聖なる声;中世の童子と芸能―“聖なるもの”と童子;中世の性と異性装―性の越境 ほか)
第2部 知の世界像(中世的知の形態―説話の位相;中世的知の様式―日本における対話様式の系譜;中世的知の集成―寺院聖教の世界 ほか)
第3部 仏神の世界像(中世の仏神と曼荼羅―密教と神仏習合の世界;中世の霊地と縁起―元興寺と長谷寺;中世の浄土と往生伝―冥界をめぐるテクスト ほか)
中世世界像の鏡―縁起絵巻というメディア

著者等紹介

阿部泰郎[アベヤスロウ]
1953年横浜に生まれる。1981年大谷大学大学院文学研究科博士課程満期退学。大阪大学文学部助手、大手前女子大学文学部助教授等を経て、名古屋大学大学院人文学研究科教授、人類文化遺産テクスト学研究センター長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

のれん

7
少々分厚いが初級向けの歴史解説書。 雑誌掲載に一部書き下ろしをつけたものらしく、全体的にやや整合性はないかもしれない。だがそれは中世という世界の広さ、つまりは歴史の奥深さを感じ取れると思う。 芸能、知識、仏神とテーマを分けつつ多くの日本文化発祥の時代を切り取ってみていく。 武家だけではない、中世の庶民の背景に興味を持てる良書。2018/06/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12667897
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。