製鉄工業都市の誕生―ヴィクトリア朝における都市社会の勃興と地域工業化

個数:

製鉄工業都市の誕生―ヴィクトリア朝における都市社会の勃興と地域工業化

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 354,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784815806071
  • NDC分類 233.06
  • Cコード C3022

内容説明

19世紀、世界有数の製鉄工業都市として突如出現し、英国の未曾有の繁栄を支えた建設都市ミドルズバラの発展の軌跡を膨大なセンサス個票から復元、産業集積、都市形成、医療福祉、労働問題における先駆的な対応とともに、衰退局面の苦難をも捉えて、今日的な産業都市の原型を描き出す。

目次

近代イギリスの地域工業化と都市―本書のねらいと構成
1 黎明期の都市(都市建設;製鉄工業の発展;クリーヴランドの産業集積)
2 人口(人口変動と人口移動;クリーヴランド製鉄工業の発展と労働市場の特質)
3 地域工業化と社会(北東部イングランド製鉄工業における労使関係の展開;労働災害と医療福祉制度)
ヴィクトリア朝工業都市ミドルズバラの興隆と衰退

著者等紹介

安元稔[ヤスモトミノル]
1941年大連市に生まれる。1970年慶應義塾大学大学院経済学研究科博士課程修了。現在、駒澤大学経済学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。