“インディアン”と“市民”のはざまで―合衆国南西部における先住社会の再編過程

個数:

“インディアン”と“市民”のはざまで―合衆国南西部における先住社会の再編過程

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 276,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784815805647
  • NDC分類 316.853
  • Cコード C3022

内容説明

二つの法的地位のあいだで揺れ動いたアメリカ先住社会の歴史的経験をつぶさに検討し、合衆国という国民国家と「市民」概念を問い直す。

目次

第1部 合衆国による併合と南西部先住社会―一九世紀後半~一九一〇年代(「インディアン」と「市民」のあいだ―併合後の先住民政策とプエブロ社会;「野蛮なトライブ」から「自活しているインディアン」へ―併合後の先住民政策とナヴァホ社会)
第2部 先住民政策改革運動の高揚と南西部先住社会―一九二〇年代~三〇年代(「トライバル」な組織・習俗をめぐる論争―先住民政策改革運動とプエブロ社会;「玉虫色の法案」とトライバル・ファンドをめぐる論争―重要法案審議過程とナヴァホ社会)
第3部 「インディアン・ニューディール」と南西部先住社会―一九三〇年代~四〇年代(改革のモデルケース―重点施策地域・プエブロ社会における諸改革の意義;「第二のロング・ウォーク」の波紋―ナヴァホ社会における家畜削減政策と通学学校論争)

著者等紹介

水野由美子[ミズノユミコ]
2000年一橋大学大学院社会学研究科博士課程修了。2005年同研究科より論文博士号取得(社会学博士)。ニューメキシコ大学客員研究員、日本学術振興会特別研究員を経て、名古屋大学大学院国際言語文化研究科准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。