極北の迷宮―北極探検とヴィクトリア朝文化

個数:

極北の迷宮―北極探検とヴィクトリア朝文化

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月19日 12時55分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 311,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784815803957
  • NDC分類 297.8
  • Cコード C3090

出版社内容情報

19世紀、近代的な装備の下、英国は北極探検をリードした。本書は、従来極
地を舞台とした栄光と挫折の物語として探検史の文脈でしか語られることのなか
った或る失踪事件を、新たに社会的想像力の問題として捉え直すことによって、
ヴィクトリア朝の文化と文明意識を鮮やかに描き出す。
目次:
はじめに/ 序章 “北極ヒーロー”の時代-探検とジェントルマン-/ 第1
章 そして、船は出ていく-科学とオプティミズム-/ 第2章 極北のラビリ
ンス-ジャーナリズムと透視術-/ 第3章 幕 間-パノラマニアの北極-/ 
第4章 “ケトルの中身”-ディケンズとカニバリズム-/ 第5章 フランク
リンの運命-英雄崇拝と文学-/ 第6章 “事を図るは人、成否を決するは神”
-北極絵画と記念碑-/ 終章 フランクリン・シンドローム-ヴィクトリア朝
の文明意識-


内容説明

氷のスクリーンに映し出された英国の社会と文明意識。栄光と挫折の物語として探検史の文脈でしか語られることのなかった或る失踪事件を、社会的想像力の問題として捉え直し、ヴィクトリア朝文化の諸相を鮮やかに描く。

目次

序章 “北極ヒーロー”の時代―探検とジェントルマン
第1章 そして、船は出ていく―科学とオプティミズム
第2章 極北のラビリンス―ジャーナリズムと透視術
第3章 幕間―パノラマニアの北極
第4章 “ケトルの中身”―ディケンズとカニバリズム
第5章 フランクリンの運命―英雄崇拝と文学
第6章 “事を図るは人、成否を決するは神”―北極絵画と記念碑
終章 フランクリン・シンドローム―ヴィクトリア朝の文明意識