ケネーからスラッファへ―忘れえぬ経済学者たち

個数:

ケネーからスラッファへ―忘れえぬ経済学者たち

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年05月20日 02時15分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 235p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784815801366
  • NDC分類 331.2
  • Cコード C3033

目次

第1章 経済学研究への発足―ケネーの『経済表』をめぐって
第2章 リカード経済学への傾斜―スラッファのマーシャル批判を介して
第3章 スラッファのリカード論―初期利潤論と不変の価値尺度を中心に
第4章 マーシャルの均衡理論
第5章 マーシャル体系の発展―ピグーの経済分析の再建を中心に
第6章 「貨幣的経済」分析の深化―ワルラス、ウィクセル、ケインズ
第7章 ケインズ研究事始―ケインズの『確率論』を介して
第8章 ケインズの行動仮説と方法論的個人主義
第9章 ケインズのマクロ理論の存在根拠
第10章 スラッファへの回帰―スラッファによる古典派理論の復位
第11章 スラッファ体系の特質―マルクスに対比して
第12章 スラッファ体系の自律調整機構―ハイエク批判によせて

出版社内容情報

本書は、ケネー、リカード、マルクス、マーシャル、ワルラス、スラッファな
ど著者が40年間の経済学研究の途上でめぐり会った忘れえぬ独創的経済学者た
ちとの対話を通じて、正統派近代経済学体系とは異なる独自の経済学体系の構
想を提示する。古典派経済学復権の試み。