SB新書<br> 生成AIで世界はこう変わる

個数:
電子版価格
¥990
  • 電書あり

SB新書
生成AIで世界はこう変わる

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年07月23日 04時51分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 256p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784815622978
  • NDC分類 007.1
  • Cコード C0234

出版社内容情報

話題の生成AI、どこまでなにができる?
AIって結局、どんなしくみで動いているの?
最新テクノロジーで私たちの仕事は奪われる?
AIで働き方や生活がどう変わるのか知りたい…

ChatGPT、Bing、Claude、Midjourney、Stable Diffusion、Adobe Firefly、Google Bard…今世紀最大ともいえる変革を全世界にもたらした、生成AI。
この時代を生きるわたしたちにとって、人工知能をはじめとする最新テクノロジー、そしてそれに伴う技術革新は、ビジネス、社会生活、娯楽など、多様な側面で個々人の人生に影響を及ぼす存在となっています。

ただでさえ変化スピードが速く、情報のキャッチアップに苦戦するテクノロジー領域。数か月後には今の状況ががらりと変わってる可能性が非常に高い…そのような状況下で、今私たちは生きています。
ホットな話題でいえば、「クリエイターはみなAIに取って代わられるのでは?」「人間にしかできない価値創造ってなに?」など、これまで当たり前だと信じて疑わなかった「労働」「お金」「日常生活」などのパラダイムシフトが起こっています。

そんな今、まさにみなさんに手に取っていただきたいのがこの1冊です。
この時代を生きる多くの方が抱いているであろう不安や疑問、そして未来への興味関心に、本書はお応えします。
本書では、AI研究の第一人者である東京大学教授・内閣府AI戦略会議座長を務める松尾豊氏の研究室所属の今井翔太氏が、生成AIで激変する世界を大予測!

とくに次のような方におすすめしたい新書です。
・わかっているようで実はちゃんとわかっていない、最新AIの技術面に興味のある方
・テクノロジーやそれによって変化する社会・仕事・生活について、最低限知っておくべき教養として身につけたい方
・研究者や教授など、学術的に正しい知識を持っていて、確固たるエビデンスに則った未来予測を話せる著者のコンテンツに惹かれる方

激動の時代を生きるすべての人にとって、これから到来する未来を生き抜くヒントと正しい技術的知識を提供します。

内容説明

生成AIの登場で、私たちの価値観は大きく変わった。では、最新テクノロジーによって、仕事やビジネスのあり方、人々の生活スタイルはこれからどのような飛躍を遂げるのか?東大松尾研究室に所属する新進気鋭の著者が、今話題のテクノロジーの現在地からAIが塗り替える未来までをわかりやすく考察!

目次

第1章 「生成AI革命」という歴史の転換点―生成AIは人類の脅威か?救世主か?
第2章 生成AIの背後にある技術―塗り替わるテクノロジーの現在地とは?
第3章 AIによって消える仕事・残る仕事―生成AIを労働の味方にするには?
第4章 AIが問い直す「創作」の価値―生成AIは創作ツールか?創作者か?
第5章 生成AIとともに歩む人類の未来―「言語の獲得」以来の革新になるか?
特別対談 松尾豊×今井翔太―生成AI時代に求められるスキルとマインドとは?

著者等紹介

今井翔太[イマイショウタ]
1994年、石川県金沢市生まれ。東京大学大学院工学系研究科技術経営戦略学専攻松尾研究室に所属。人工知能分野における強化学習の研究、特にマルチエージェント強化学習の研究に従事。ChatGPT登場以降は、大規模言語モデル等の生成AIにおける強化学習の活用に興味を持つ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

のっち♬

125
2024年発刊。生成AI革命時代で知るべき技術、影響、未来を論じる。AIの影響を受けやすい仕事は、2019年時は低賃金労働だったのに対し、今や(スキル習得に長時間を要しない)高賃金労働という意見が主流に。この分野の発展は実に加速度的。仕事のみならずあらゆる創作、問題解決手段においてAIが介在して人間の知能が完全に相対化された場合、人間は何を求め、望むのだろうか?将来本物と偽物の境界線や概念自体が崩壊することを想定すれば創作におけるAI差別は減少していくだろう。著作権云々はスルーな印象だが入門書に良い一冊。2024/07/15

よっち

38
多様な側面で個々人の人生に影響を及ぼす存在となっている人工知能をはじめとする最新テクノロジーとそれに伴う技術革新の不安や疑問、そして未来の可能性を解説した一冊。そもそも生成AIとは何か、その歴史的転換からその背後にある技術、AIによって消える仕事と残る仕事、AIが問い直す創作の形、生成AIによってどのような技術革新が行われるのかといったテーマについてわかりやすい言葉で解説していて、どちらかというと概論的内容で深く掘り下げてはいないですが、生成AIをざっくりとこういうものだと知るにはいい一冊といえそうです。2024/02/25

ぶう

28
人工知能の研究者である今井翔太氏の著書。少し前までは、単純作業の職業ほどAIやコンピューターに置き換えられやすいと言われていたが、chatGPTの出現により高度な知的労働も置き換えられる可能性は大きく高まってきた。むしろ高給取りの職業ほど経営側にとってはAIに置き換えるメリットが大きく、自動化の難易度が高くコストメリットも小さい物理的な作業が必要な肉体労働の方が残る可能性が高いという、一昔前と逆転現象が起こっているのは興味深い。自分自身プログラムコード書くときはかなりの頻度で活用するようになったため納得。2024/06/02

アベシ

27
いよいよ汎用AIの世界がまじかに迫っています。バベルの塔のお話でバラバラになった言語の壁がなくなる日も近いでしょう。生成AIは「認知革命」と言われていますが、この認知革命は人口はできるだけ少ない方がいいのです。これからジェネレーションを中心に人は大きく分かれていくでしょう。AIを真に理解し利用していく世代は、実は少ない方がいいのです。だからこれからの日本に必要なものは彼らを徹底的に鍛える教育でしょう。スマホネイティブの先の世代、AIネイティブの子供たちが人類の真の希望になれますように、ただ、祈るだけです。2024/06/08

kan

25
生成AIが革命だと言われる理由とその汎用性がぼんやり見えてきた気がする。未知のことが多すぎて、自分が把握していないだけで実はとんでもなく影響が大きく、生成AIの有用性による変化の影響は産業革命より大きいらしい。高度だとされてきた仕事こそAIで置き換え可能というのは近年言われ始めたことだが、そうなるとむしろ人間の創意工夫や努力の価値が疑問に思えてくる。そして、無から有を生み出す苦しさや喜びは、AIを使いこなすことで何かと代替できるのだろうか。さまざまなことを考えさせられる一冊だった。2024/07/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21646308
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。