「量子力学的」願望実現の教科書―潜在意識を書き換えて思考を現実化する11の法則

個数:
電子版価格
¥1,650
  • 電書あり

「量子力学的」願望実現の教科書―潜在意識を書き換えて思考を現実化する11の法則

  • ウェブストアに29冊在庫がございます。(2024年05月19日 01時17分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 272p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784815612863
  • NDC分類 159
  • Cコード C0095

出版社内容情報

願望を実現する仕組みは、量子力学で解明できる――。その仕組みを理解すれば「引き寄せ」は簡単!

目次

第1章 すべてはエネルギー(量子力学とは?;すべてはエネルギーで説明できる;たった5%の意味;顕在意識と潜在意識の不思議;素粒子は波と粒でできている;量子学的願望現実の仕組み)
第2章 願望を実現する11の法則(科学の世界の原理原則;引き寄せの法則―波動が変わると現実が変わる;思考の法則―イメージしたことは現実になる;言霊の法則―言葉の力を使うと願望が具現化する;決断の法則―大きな決断をすると人生は大きく変わる;行動の法則―行動しない限り現実は何も変わらない;焦点の法則―一点に集中するろ願望実現が加速する;影響力の法則―付き合う人が変わると自分の未来も変わる;陰陽の法則―ネガティブを受け入れるとすべて大丈夫と思える;エネルギーの法則―与えたエネルギーは全方位から返ってくる;中庸の法則―バランスよく生きると運の幸せも増幅する;目的の法則―人生の目的が明確になると願望実現が加速する)

著者等紹介

高橋宏和[タカハシヒロカズ]
一般社団法人イーアイ・アカデミー代表理事。量子力学コーチ。ロンドン大学インペリアルカレッジ物理学科に合格後、日本へ帰国し慶應義塾大学理工学部に入学。慶應義塾大学大学院に進学し、オックスフォード大学の教授ロジャー・ペンローズ博士の「量子脳理論」をヒントに量子力学を応用した人工知能プログラムの研究開発を行い、修士課程を修了。学生時代から学び続けてきた東洋哲学、成功哲学、心理学、脳科学やコーチングを「量子力学」で解明し、科学的コーチングメソッド「量子力学コーチング」を確立し、コーチやセミナー講師として独立(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

林原琢磨

4
量子力学を用いた願望実現について、「11の法則」としてまとめてくれているのはとてもありがたいと感じます。筆者の方が元々海外の大学で物理学・量子力学を学んでいたこともあり、加えて心理学のコーチとしての活動実績もあり、理論と実践の両サイドにおける芯の通った書籍です。ただ、所々疑問が拭えないところもありました(例えば「何事もバランスが大事」と書かれた直後に「成長し続けなければいけない」とあり、「それはバランス悪くならないの?」と)。そうした疑問を解消し、腑に落とすまではまだ時間がかかりそうです。2022/03/04

mym

3
あああ、宇宙って何?私って何?現実って何?子どものころよくそんなこと考えて頭おかしなりそうなってたけど、この本読んでまたおかしなってきた。見えてるのはたった5%。ほとんど見えない、わからない。うそ〜って思う事も、ありえる。2024/02/20

マイケル・タクマ・ヤン

2
「量子力学」を販促に使ってると思われる自己啓発本。古典力学と量子力学、意識と無意識、見える世界と見えない世界、過去と未来、現実と思考などの対比が続く。次に気が合う合わないから、振動の話となり、共鳴により引き寄せが起きると言う。潜在意識が現実を作る(認識する)から、言葉にして目標を現実化しようと述べる。これを、波の振る舞いから粒子的振る舞いとなることに紐づけている。 著者は「願望実現」の行動を促すため、関係ないと知りながら「量子力学的」に説明するが、論理の飛躍を理解しないと迷子になる。量子力学と関係ない本。2023/04/01

かおちゅん

2
ざーっと読書。Twitterで進められてて読んだのだがこういうややスピリチュアルな内容は少し苦手。だけど書くと目標はかないやすいとか、無意識を活用していくこととか以外と学びもありました。2023/01/03

Hiro

2
量子力学という考え方に出会い1年が経過し、ようやくこの本に出会うことができ、読了したことに対し、読み終えたのと同時に深い感謝の気持ちが芽生えるという感触を得た。自意識的には感謝そのもの手はあるのだけれど、自分の内側から湧き出てきたという表現が正しいのかもしれない。これまで自分のことを難しく思い封じ込んできたのだなぁと読み終えてまず第一に思った一言。もっと赤ん坊のようになろう!と誓い、無理せず焦らずこれからの人生を歩んでいきます。2022/09/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18964339
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。