プリミエ・コレクション<br> 初期欧州統合1945‐1963―国際貿易秩序と「6か国のヨーロッパ」

個数:

プリミエ・コレクション
初期欧州統合1945‐1963―国際貿易秩序と「6か国のヨーロッパ」

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年08月12日 21時51分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 513p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784814003327
  • NDC分類 319.3
  • Cコード C3322

出版社内容情報

欧州連合(EU)成立は試行錯誤の結果である。6カ国による共同体ECSCによる貿易自由化から拡大に至った経緯を跡付ける。

内容説明

揺籃期の欧州連合の成立過程を解明する。1951年、仏・西独・伊とベネルクス3国の「6か国」による欧州石炭鉄鋼共同体(ECSC)が成立、貿易の自由化が推し進められる。欧州連合(EU)に拡大するまでの紆余曲折を膨大な文書から跡づける。

目次

序章
第1章 戦後国際秩序の再建から超国家的統合「プラン」の発表へ(1945‐1952)
第2章 対外関係から見るECSC(1950‐1956)
第3章 国際関係の中でのEECの設立(1956‐1958)―6か国、17か国、GATTでの交渉
第4章 「加速」の決定と6か国の関税同盟化(1959‐1960)
第5章 ギリシャ・トルコとの「連合」の成立(1959‐1963)
終章 EU中心史観を超えて

著者等紹介

能勢和宏[ノセカズヒロ]
帝京大学文学部史学科講師、専門はフランス近現代史・ヨーロッパ統合史。パリ第4大学(パリ・ソルボンヌ)近現代史博士課程留学、京都大学大学院文学研究科現代史学専修博士後期課程研究指導認定退学、京都大学博士(文学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。