プリミエ・コレクション<br> 唐代の皇太子制度

個数:

プリミエ・コレクション
唐代の皇太子制度

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年07月03日 11時50分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 230p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784814003228
  • NDC分類 222.048
  • Cコード C3322

出版社内容情報

唐代を中心に皇太子儀礼、皇太子号追贈・太子廟等の制度から、皇太子の存在が政権の安寧のために如何に有効利用されたかを解明する。

内容説明

皇太子制度から見る中国の中央集権の確立。「釈奠」「歯冑の礼」「皇太子号追贈」「太子廟」等々、政権の安寧を図るべく形成された皇太子制度を解明する。

目次

序論
第1章 西晋における太子師傳―皇太子の守り役の役割
第2章 釈奠と歯冑の礼―資質の顕示としての皇太子儀礼
第3章 唐代における皇太子号と皇帝号の追贈―功績重視の皇太子位
第4章 唐代における太子廟―皇帝の資質と「孝」と「悌」
第5章 唐代の皇太子監国―皇位継承からみた
結論

著者等紹介

千田豊[センダユタカ]
1989年兵庫県生まれ。2019年京都大学大学院人間・環境学研究科共生文明学専攻博士後期課程修了、博士(人間・環境学)。現在、大手前大学非常勤講師・帝塚山学院中学校高等学校非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。