#HOOKED―消費者心理学者が解き明かす「つい、買ってしまった。」の裏にあるマーケティングの技術

個数:
電子版価格 ¥1,500
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

#HOOKED―消費者心理学者が解き明かす「つい、買ってしまった。」の裏にあるマーケティングの技術

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2018年12月19日 14時15分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 271p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784813271444
  • NDC分類 675
  • Cコード C0034

内容説明

プリミティブにする、感情をわしづかみにする、わたしのこと?と思わせる、サプライズを駆使する、ミステリー要素を加える、ハードルをとことん下げる、物語のなかを歩かせる、記憶にこびりつかせる、思考回路をショートカットさせる、プライミング効果を駆使する。脳のしくみにもとづく、広告が無視されないための10のHOOK。

目次

1 HOOKを深く理解するために(これまでのモデルと10のHOOKのちがいとは;脳について深く知ろう)
2 あなたのメッセージが無視されないための10のHOOK(気づかせる;考えさせる;行動させる)
3 10のHOOKを実践するためのヒント(これまでのおさらい;プロモーション;オンラインコンテンツ;ダイレクトメール;職場での活用法;効果をテストしよう)

著者等紹介

ファーガン,パトリック[ファーガン,パトリック] [Fagan,Patrick]
消費者心理学者。ロンドン大学ゴールドスミス・カレッジの准教授でマーケティングや、消費者行動学、心理学を教える。価格戦略からフェイスブックの心理学まで、多岐にわたるテーマで論文を発表しているほか、メディアへの出演も多数

上原裕美子[ウエハラユミコ]
翻訳者

四元正弘[ヨツモトマサヒロ]
四元マーケティングデザイン研究室代表。元電通総研・研究主席。東京大学卒業後、サントリーを経て電通に転職。消費者心理分析などに従事し、2013年に独立。主たる専門領域は消費心理・動向分析(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

マーケター必見! あなたのメッセージが無視されないための10のHOOK(しかけ)!  子猫の写真などがあると、ついついその商品や広告に目が行ってしまうもの。人はなぜ、かわいいものに惹きつけられるのか。膨大な情報のなかから、あなたのメッセージを受け取り、行動に移させるにはどうしたらよいのか。 本書は行動科学を専門とするイギリスの消費者心理学者パトリック・ファーガンが人間の脳と行動の仕組みを科学的に解明し、「つい、買ってしまった。」の裏に潜むマーケティングの技術を、10のしかけ(HOOK)としてまとめたもの。マーケターのみならず、ビジネスの成功を求める人には必須の1冊!  【本書で取り上げる10のHOOK】 #HOOK1 プリミティブにする ――人間の脳はチンパンジーの脳と変わらない。できるだけプリミティブ(原始的)なほうが届く。 #HOOK2 感情をわしづかみにする ――感情に響くものには、つい注意を奪われる。誰でも、ネットで子猫や子犬の動画を眺めて時間を浪費した経験があるはずだ。 #HOOK3 私のこと? と思わせる ――自分に関係のあることには、つい注意関心を示す。通りすがりの他人が、あなたの顔をプリントしたTシャツを着ていたら、すぐ気づくにちがいない。 #HOOK4 サプライズを駆使する ――何かサプライズが起きたら、そちらに注意を向けるのは人間の習性だ。 #HOOK5 ミステリー要素を加える ――クロスワードや暗号や数独の世界は、「知らないことを知りたい」「謎を解決したい」という本能的欲求をくすぐる。 #HOOK6 ハードルをとことん下げる ――人が広告を読まないのは、時間やモチベーションがないだけでなく、めんどうくさいからでもある。人間は怠け者だ。ハードルの高いものは避けたがる。 #HOOK7 物語の中を歩かせる ――人類は太古の昔から、物語を使って情報を組み立てて、伝えてきた。ストーリー性があれば、自分に引き寄せて考えさせやすい。 #HOOK8 記憶にこびりつかせる ――メッセージを読んでから行動を起こす時間まで、長いタイムラグがある。だからしっかり記憶させなければならない。 #HOOK9 思考回路をショートカットさせる ――脳のパワーは有限だ。だから無意識に短絡的な思考をしたり、経験則に頼ったりする。この反射的な習性を逆手にとって、思考回路をショートカットさせよう。 #HOOK10 プライミング効果を駆使する ――「シロクマのことは考えないで」。そう言われたら、絶対にシロクマのことを考えてしまう。プライミング効果で、その後の行動に影響を与えよう。