竹書房文庫
萬屋探偵・鬼薙―道楽お嬢と貧乏学者の怪奇事件簿

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 287p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784812498859
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

維浪稜久、26歳無職。研究に没頭するあまり、非常勤講師を務めていた大学をクビになった維浪は、安アパートで本に埋もれて爪に火を灯すような日々を送っていた。―そこに突然、高校のクラスメイト森山から恩師の訃報がもたらされる。葬儀の参列を促しながら“鬼薙玲のお守りをしろ”と維浪に頼み込む森山。日本屈指の大企業「鬼薙グループ」の令嬢、高校時代の維浪の無二の友人、そして森山の手には負えない変わり者…鬼薙玲。とはいえ維浪も上京以来地元には帰っておらず、鬼薙とも音信不通。なぜ自分がと疑問を感じながらも地元へ戻った維浪を、玲は高校時代と変わらぬ強引さで振り回す。恩師の家にてなんとか焼香を済ませ辞そうとしたそのとき、遺体が棺から忽然と消えてしまう。家族が騒然とする中、好奇心を隠さない玲は「萬屋」の名刺を取り出し探偵めいたことを始めるのだった。当然のように維浪を助手代わりにして。

著者等紹介

麻日珱[アサヒヨウ]
1987年4月29日神奈川県出身。大学卒業後、アミューズメントメディア総合学院に入学。在学時、ドラマ『マメシバ一郎 フーテンの芝二郎』の小説版にてデビュー。現在、小説家・シナリオライターとして活動中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。