竹書房文庫
萬屋探偵・鬼薙―道楽お嬢と貧乏学者の怪奇事件簿

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 287p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784812498859
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

維浪稜久、26歳無職。研究に没頭するあまり、非常勤講師を務めていた大学をクビになった維浪は、安アパートで本に埋もれて爪に火を灯すような日々を送っていた。―そこに突然、高校のクラスメイト森山から恩師の訃報がもたらされる。葬儀の参列を促しながら“鬼薙玲のお守りをしろ”と維浪に頼み込む森山。日本屈指の大企業「鬼薙グループ」の令嬢、高校時代の維浪の無二の友人、そして森山の手には負えない変わり者…鬼薙玲。とはいえ維浪も上京以来地元には帰っておらず、鬼薙とも音信不通。なぜ自分がと疑問を感じながらも地元へ戻った維浪を、玲は高校時代と変わらぬ強引さで振り回す。恩師の家にてなんとか焼香を済ませ辞そうとしたそのとき、遺体が棺から忽然と消えてしまう。家族が騒然とする中、好奇心を隠さない玲は「萬屋」の名刺を取り出し探偵めいたことを始めるのだった。当然のように維浪を助手代わりにして。

著者等紹介

麻日珱[アサヒヨウ]
1987年4月29日神奈川県出身。大学卒業後、アミューズメントメディア総合学院に入学。在学時、ドラマ『マメシバ一郎 フーテンの芝二郎』の小説版にてデビュー。現在、小説家・シナリオライターとして活動中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ううち

15
表紙と帯の黒猫ちゃんに惹かれて購入。ホラー&ミステリーとのこと。玲さんと稜久さんのテンポの良い掛け合いが楽しい。2人の関係もなかなか面白い設定です。稜久さんは天然たらし…?2015/09/02

にゃんまげこ

11
麻日さん初読み。テンポよくサクサク読めました。完璧な表紙買いでしたが、二人の掛け合いも可愛らしくて良かったです。それにしても、天然な人の言動ってある意味無敵ですね♪二人のその後も気になるので、続編が出ることを期待してます。2015/06/03

10
タイトルと表紙に惹かれて。ミステリーやホラー部分はさておき、この二人の関係がとてもツボ。一見、稜久が玲に振り回されているように見えて、実は逆なんじゃ…?と思ってしまうところもちらほら。天然で無自覚な分、きっと稜久の方が性質が悪い。頑張れ、玲!と思わず応援したくなってしまった。もしも続きが出るのなら、二人の高校時代の話も気になるので読んでみたい。2015/02/02

紅羽

10
想像以上に面白かったです。稜久と玲の微妙な関係や、通夜の中、消えた遺体の謎など続きが気になって、あっという間に読了しました。二人の高校生時代が気になります。2014/06/13

くろねこ

9
ずっと気になってたことは最後にわかったけど、最初からなんでこの人…って違和感たっぷりだったな(¯•ω•¯) しかも一介の教師の家になぜお手伝いさんが、、。 主役2人の掛け合いは読みやすかった♬ 《積読⑤》2016/10/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7878440

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。