Q‐U式学級づくり 中学校―脱・中1ギャップ「満足型学級」育成の12か月

個数:

Q‐U式学級づくり 中学校―脱・中1ギャップ「満足型学級」育成の12か月

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2018年07月20日 06時15分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 153p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784810085297
  • NDC分類 374.13
  • Cコード C3337

内容説明

学級づくりは、4月のスタートダッシュから感動の3月まで、1年間を見通して、スモールステップで進める。年間目標、指導アイデアをイラスト豊富に収録。

目次

第1章 Q‐U式学級づくりとは(いまこそ学級集団の重要性に注目せよ;Q‐Uを用いた学級集団づくりの考え方 ほか)
第2章 中学校の学級づくりで押さえておきたいこと(いまの中学校が抱える問題;「ルール」と「リレーション」確立のコツ ほか)
第3章 中1ギャップを予防する入学期の指導(入学期の特色―指導のポイント;入学1日目 ほか)
第4章 学級づくり12か月―そのねらいと方法(4月1週目 中学校生活にスムーズに移行する;4月~ゴールデンウィークまで ルールを習慣化し、役割交流を促す ほか)
第5章 思い出に残る最高の学級集団
付録

著者等紹介

河村茂雄[カワムラシゲオ]
早稲田大学教育・総合科学学術院教授。筑波大学大学院教育研究科カウンセリング専攻修了。博士(心理学)。公立学校教諭・教育相談員を経験し、岩手大学助教授、都留文科大学大学院教授を経て、現職。日本カウンセリング学会理事。日本教育カウンセリング学会常任理事。日本教育カウンセラー協会岩手県支部長。論理療法、構成的グループエンカウンター、ソーシャル・スキル・トレーニング、教師のリーダーシップと学級経営について研究を続ける

粕谷貴志[カスヤタカシ]
奈良教育大学教職大学院准教授。岩手大学大学院修了。公立小中学校教諭、専修大学北上福祉教育専門学校講師、教留文科大学文学部講師を経て、現職。NPO日本教育カウンセラー協会上級教育カウンセラー、学校心理士。愛知県出身。最近は、不登校、いじめ、非行などさまざまな問題を抱える児童生徒への、学級集団の育成を通した援助、予防的介入についての研究を進めている

鹿嶋真弓[カシママユミ]
荒川区立第四中学校教諭。NPO日本教育カウンセラー協会認定学級経営スーパーバイザー、上級教育カウンセラー。筑波大学大学院教育研究科カウンセリング専攻修了。河村茂雄教授が提唱する『教育実践に生かせる研究』に感銘を受け、現在、現場で『教育力の高い集団』づくりにチャレンジ中。とくに、その集団形成過程における教師の指導行動の研究について関心が高く、教師の『魔法の言葉』について日々実践を重ねている

小野寺正己[オノデラマサミ]
仙台市天文台副台長。上級教育カウンセラー。岩手大学大学院修了。公立学校教諭9年、公立博物館10年を経て現職。日本カウンセリング学会理事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。