だけど、学校をあきらめきれない―「行けない不登校」に悩む親子へ

個数:

だけど、学校をあきらめきれない―「行けない不登校」に悩む親子へ

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B6判/ページ数 220p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784810083002
  • NDC分類 371.45
  • Cコード C0037

内容説明

学校信仰や学校幻想にとらわれているわけではない。でも学校を拒否することからは始められない―そんな親子のために「学校復帰」を支援する「浪合こころの塾」からの提案。

目次

序章「浪合こころの塾」までの道のり(諏訪耕一;あれが「怠け」だろうか ほか)
第1章 子どもが変わる場所(「居場所」の有無以前に;関係を持つ必然性が生まれて ほか)
第2章 親が変わるとき(親であり続けられる根拠;相談を持ちかけられると ほか)
第3章 子どもが学校に戻るとき(学校に戻す;矛盾のはざまに ほか)