もういちど読む山川世界現代史

個数:

もういちど読む山川世界現代史

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2024年07月16日 16時02分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 254p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784634640689
  • NDC分類 209.7
  • Cコード C0020

内容説明

なぜ世界は二度も大戦にいたったのか、なぜファシズムは生まれたのか、冷戦とは何だったのか、南北の格差はなぜ縮まらないのか、中東に和平は可能なのか…歴史は解答のヒントを、必ず提供してくれるはずです。現代史を読むと今の世界が見えてくる!

目次

序章 現代世界の前提
第1章 帝国主義時代の開幕
第2章 植民地での従属と抵抗
第3章 第一次世界大戦の激動
第4章 ロシア革命とヴェルサイユ体制
第5章 民族解放闘争の新展開
第6章 危機の20年
第7章 第二次世界大戦での破壊と苦悩
第8章 戦後世界の展開
第9章 現代世界の多極構造
第10章 冷戦の終結とグローバリゼーション

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

壱萬弐仟縁

41
世界資本主義の再生 厳しい判断を示したのはレーニン。だが、世界革命の夢は実現せず、世界資本主義は20年代半ばに再び安定(126頁)。「南北問題」と飢えの構造 第三世界が結束して、工業化や資源の支配を達成したことにより中進国と「最貧国」、産油国と非産油国、沿岸国と内陸国といった内部亀裂。飢えは「第三世界」全体の問題。構造的危機。食糧の生産性の低さはモノカルチュア経済に由来(235頁~)。工業国の住民の豊かさは農業国における資源の豊かさと住民の生活の貧しさのうえに立ち、再生産することで成立(236頁)。 2018/05/07

イボンヌ

10
購入して何度も読み直したい本です。2018/05/23

あやね

8
何故世界では今のような力関係が生まれたのか。パレスチナ問題って?シリアはどうして難民問題が溢れているの?ニュースを見ても理解できず、そんな自分に危機を感じ、山川世界史からこの本に移りました。帝国主義の幕開けから始まる本書。世界の「何故」がここに詰め込まれています。グローバリゼーションの進む今、国際交流のためにも、日本を理解するためにも、世界を理解するためにも、絶対に世界史・現代世界史は学ばなければならない。もっと詳しく学ぼうと思った。2015/11/14

keint

7
19世紀から現代にかけての世界史を政治史だけではなく経済史や国際関係にも触れながら解説している。コラムでもガンジーがポルポト的な思想を持っていたことなど初めて知ったこともあった。ただ、用語に解説がないまま出てくる物が多少ある。2020/03/15

yuyan san

5
歴史の勉強はたのしい!!! ただ、忘れすぎてて悲しくなったけど( ノД`)…2015/11/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9726357
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。