親子バトル解決ハンドブック―発達障害の子と奮闘するママ&パパのトークサロン

個数:

親子バトル解決ハンドブック―発達障害の子と奮闘するママ&パパのトークサロン

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年10月14日 08時04分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 93p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784810046496
  • NDC分類 378
  • Cコード C3037

内容説明

個性豊かなお子さんとママたちとの出会いから生まれた本。子どもが困っているとき、そこには子どもなりの理由があるはず。その理由が理解できれば、解決の糸口は必ず見つかります。

目次

第1章 学童期の親子バトル編(口にたこができる―日常生活動作が身につかない;ゲームの外でも“リアル・バトル”―行動の切り替えがむずかしい ほか)
第2章 学校活こまった編(ゆらゆら、そわそわ、お口も多動―落ち着きがない;ちゃんとするってどうすること?―言葉の意味や状況の理解がむずかしい ほか)
第3章 思春期の親子バトル編(毎朝がバトル―自立した生活;フロントガラスが蹴破られ!!―感情のコントロール ほか)
第4章 社会生活どうしよう編(どんな仕事が向いているの?―職業体験とアルバイト;挑戦はいつまで続く?―自分に失望させない ほか)

著者等紹介

安藤壽子[アンドウヒサコ]
お茶の水女子大学学校教育研究部教授。東京学芸大学大学院修了・博士(教育学)。公立小学校・聾学校教諭、公立小学校副校長、横浜市教育委員会課長を経て現職。学校心理士、特別支援教育士スーパーバイザー

安藤正紀[アンドウマサキ]
玉川大学教職大学院教授。横浜国立大学大学院修了・修士(教育学)。聾学校・国立大学附属養護学校教諭、神奈川県教育委員会指導主事、公立小学校教頭、特別支援学校副校長、校長を経て現職。学校心理士。子どものころからボーイスカウト活動を続け、現在は、日本ボーイスカウト神奈川連盟理事。日本ムーブメント教育・療法協会理事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。