原爆症 (改訂新版)

個数:

原爆症 (改訂新版)

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2019年02月16日 18時21分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A4判/ページ数 106p/高さ 27cm
  • 商品コード 9784806745822
  • NDC分類 493.19
  • Cコード C3047

出版社内容情報

放射能にさらされた人体は、どのように破壊されるのか。原爆による被害の写真、原爆症の臓器の写真、原爆症病変の顕微鏡写真を38ページにわたって収録した本書は、原爆の残忍さを改めて認識させてくれる貴重な記録である。  ★★★朝日新聞評(1995年6月17日)=人体の組織・細胞の顕微鏡写真をはじめ、原爆の被害を克明に記録した112枚の写真や図を掲載。海外では「日本人が被爆の実相を海外に伝えようとまとめた初の英文文献」として反響を呼んだ。★★★毎日新聞社会面(1995年7月11日)=放射能による障害は見えにくい。この本でそれを知ってもらいたい。★★★日本経済新聞評(1995年7月11日)=原爆被害の実態を世界に知らせた報告書。★★★東京新聞特報面(1995年7月11日)=原爆投下直後に人体が受けた影響を初めて英語で記した貴重な専門書。原発事故や核実験など核の迷走が続く中、冷静な科学的知識が再認識できれば、との思いが込められている。★★★軍縮問題資料評(1995年10月号)=世界の政治家や軍事関係者、特に核武装や核実験に熱心な方々、好戦的な人々などに、ぜひお読みいただきたいものである。★★★  ●●●本書「原爆とIPPNW」より=広島・長崎に対する原爆攻撃は、人類にとって前古未曾有の経験であり、想像を絶する甚大な人的・物的ならびに社会構造的被害をもたらした。原爆の威力に関しては強力な爆薬であるTNTのそれと等価対比されるが、これには重大な誤謬がある。すなわち、原爆の特質である放射線効果が無視されているからである。原爆投下後8年目に発刊された本書の初版に記述されている急性期および亜急性期における臨床所見、諸検査成績は、原爆投下後いち早く広島、長崎の両市にはいり、困難な状況下にあって救急医療および調査研究に従事した諸大学の医師、研究者、ならびに陸海軍病院スタッフが残したものであって、科学的観点に立脚した正確な記録である。また掲載されている災害の現場写真および被爆個体の肉眼的ならびに病理組織学的写真などは、その実態の理解に大きく寄与している。特に組織像は被爆線量と臨床経過との相関関係をよく示している。さらに急性期死亡例の詳細な剖検所見は、放射線障害の特色を正確に把握しており貴重なドキュメントである。これらの記録は、多大な犠牲を強いられた人間集団の核爆弾被爆についての唯一の医科学的記録であって、きわめて貴重な文献と言える。広島・長崎に対する原爆投下に加えて、米ソ対立の冷戦下における太平洋水域で頻繁と繰り返された原水爆実験、旧ソ連邦における核物質漏出事故、核実験場周辺住民の被爆、チェルノブイリ原子炉事故その他の放射性物質による汚染事故などによる被爆者が、全世界的に増加しているのが現状である。戦後、医学生物学は飛躍的に進歩し、さらに分子生物・遺伝学手法の導入によって、癌をはじめとする各種疾患の発生メカニズムは遺伝子レベルで解析されつつある。しかし残念ながら放射線障害の軽減、あるいは治療に関しては決定的な方法は見出されていない。核戦争の「予防」が唯一の手段といわれる所以である。核災害のプロトタイプとも言える広島・長崎の災害記録は二度と繰り返されてはいけない貴重なものである。世の多くの人々は、原爆は過去のものであってその被爆影響が現在もなお続いていることを知らないであろう。そのような世情に対する警鐘としても被爆50周年を期して本書が刊行されたことは時宜に適した意義深いものと確信する。●●●