川に生きる―世界の河川事情

個数:

川に生きる―世界の河川事情

  • 提携先に3冊在庫がございます。(2018年11月19日 05時28分現在)
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 191p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784806207481
  • NDC分類 517.04
  • Cコード C0095

内容説明

中日新聞・東京新聞の好評連載を書籍化。長良川河口堰建設開始から30年、川と人との共存を考える1冊。

目次

1章 長良川に暮らす(川との決め事;川ガキとミズガキ ほか)
2章 長良川河口堰が変えたもの(幻の大マス;若くてばかで、よそ者で ほか)
3章 川の未来(亜細亜の宝;川の観光価値 ほか)
4章 川と命と(開かれたゲートもう一つの長良川;母なるメコン ほか)
「全長良川流下行」記

著者等紹介

新村安雄[ニイムラヤスオ]
フォトエコロジスト、環境コンサルタント、リバーリバイバル研究所主宰。1954年、静岡県浜松市生まれ。長良川、琵琶湖、奄美大島、メコンなど、生き物と人間のかかわりという視点から撮影と映像製作を行っている。長良川うかいミュージアム、滋賀県立琵琶湖博物館、世界淡水魚園水族館アクア・トトぎふなどの企画展示、映像提供(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。