LDは僕のID―字が読めないことで見えてくる風景

電子版価格 ¥1,155
  • 電書あり

LDは僕のID―字が読めないことで見えてくる風景

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 157p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784805836743
  • NDC分類 916
  • Cコード C0037

内容説明

不登校・うつ・強迫性障害に苦しみながら、21歳で知った読字障害(ディスレクシア)という「生きづらさ」の正体。実名を公表し、啓発活動を続ける著者が自ら綴った渾身のメッセージ。

目次

第1章 「生きづらさ」の中で―僕の生い立ち(将来の夢は、警察官;焦り ほか)
第2章 LDは「学びの発見」だ!―僕にとっての「障害」(実名がもつ力;「当事者」って、なんだろう ほか)
第3章 まずは先生に自己肯定感を―僕が考える「発達障害支援」(「常にニコニコしている子」の気持ち;ノイズだらけの耳 ほか)
第4章 「生きづらさ」の可能性―歩み寄る社会に向けて(歩み寄りのプロセス;許し合い、乗り越えること ほか)

著者等紹介

南雲明彦[ナグモアキヒコ]
1984年、新潟県湯沢町生まれ。21歳の時に、LD(学習障害)のディスレクシア(読字障害)であると知り、それ以後、自分と同じような子どもがいなくなることを願って講演・執筆など、啓発活動を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

ころりんぱ

58
識字困難の障害を持つご本人が書かれた本で、本当の自分の経験が綴ってあるのでとてもわかりやすかったです。本人が自分がLDであると気付くまでに、どんな思いを抱えて生活して来たか…生の声、生の気持ち、受け止めました。当事者や教育関係者だけじゃなく、それこそ普通の人がこんな本を読んで、少しでも自分の身に置き換えて考えることができたらいいなと思いました。ちょっと見で物事を判断するんじゃなく、いろんなことを想像して慮るってすごく大事だと思うし、相手の状態を想像できるようになりたいと思いました。2014/10/16

美登利

50
読友さんの感想から手に取る。学習障害、特に読字障害はトム・クルーズさんがそうだと言うのは聞いて知っていましたが、実際はどのような不便さがあるのか理解してはいませんでした。目は見えていても字を捉えづらいと言うのは本当に苦しいことでしょう。書くことも困難で聴覚は過敏過ぎる。小さな頃はニコニコしていれば何となく過ごせた日々からだんだんと成長し自分への苛立ち、表現出来ない苦しさから生きてることも辛かった南雲さん。同じように苦しむ人が少しでも理解されるようにと講演されているそうです。他の本も読んでみたいと思います。2014/10/27

霜月

22
言葉にならない言葉が後から後から込み上げた。学習障害(LD)ディスレクシアという障害であると二十歳を過ぎてから知ったことで変わったこと、わかったこと。実名で当事者であることをカミングアウトし、全国各地講演してまわられている南雲さん。私の息子も発達障害があり、また息子が幼少の頃、ディスレクシアの青年に出会った。当時は今ほどLDという言葉も知られておらず、当人や親御さんはかなり苦労をされたと聞いたことがある。南雲さんもこの手記を書かれるまでどれほどの想いを背負って来られたのか。これを読んで想像してみて欲しい。2014/09/17

ほうき星

14
LDは苦しいと聞いたことはあったが、ご本人の手記のようなものは初めて読んだ。あぁ、本当に大変で苦しいんだなと思った。早期発見と対応がされれば、学校生活も送りやすいのではと思った。情報の少なさもあるけれど、今回のような手記が出されたことで、多くの人、教育関係者の方に知ってほしい。2014/07/09

ねこ

3
感動しました。私も少し聴覚過敏があって辛いので共感できました。 2012/08/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4973831

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。