歳をとることが本当にわかる50の話―老後の心理学

個数:
  • ポイントキャンペーン

歳をとることが本当にわかる50の話―老後の心理学

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年10月31日 11時04分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 272p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784805828731
  • NDC分類 143.7
  • Cコード C0095

内容説明

お年寄りは、なぜ振り込め詐欺にひっかかるのか、「ポックリ往きたい」という本当の気持ち、認知症の人の徘徊を止める方法、寝たきりを楽しむ(!?)工夫、お年寄りに対する上手なグチの聞き方…etc.老いのこと、認知症のこと、介護のこと…。あなたの老後をかんがえるための、面白くてタメになる心理学。

目次

1 老いるということを知りま章(老いても子どもには還らない―順序性の原理;ポックリ寺の調査から―高齢者の尊厳とは何か;生きる意欲の回復へ―事例・愛し切る ほか)
2 認知症のナゾを解きま章(だれかを愛したい―事例・認知症高齢者の愛;うつから認知症へ―事例・いじめ;私は女なの!―化粧とアイデンティティ ほか)
3 介護のことを考えま章(早すぎる葬送曲―もの言わぬ寝たきり状態;ストレスに注意―事例・高齢者の仮面うつ病;感覚遮断―寝たきりの辛さ ほか)

著者等紹介

井上勝也[イノウエカツヤ]
昭和16年生まれ。早稲田大学大学院心理学修士課程修了。東京都老人総合研究所心理研究室長、筑波大学教授などを経て、駿河台大学教授。平成5年に、日本老年行動科学会を設立し、12年間にわたり会長を務めた。主な研究として、「ポックリ信仰の心理的背景」や「認知症高齢者の徘徊の平均距離」、「阪神・淡路大震災における高齢者の避難行動・適応行動」などがあげられる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。