日文研・共同研究報告書<br> 宗教・抗争・政治―主権国家の始原と現在

個数:

日文研・共同研究報告書
宗教・抗争・政治―主権国家の始原と現在

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2024年06月24日 22時08分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 210p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784805113127
  • NDC分類 316.2
  • Cコード C3031

内容説明

近代国家の内側で機能する法は、宗教との関係を、どう取り結んできたのか。国家と宗教の関係、その地域秩序への統合は如何なるものであるべきか。歴史をひもとき、喫緊の課題に迫る。

目次

序説 国家という身体、その内と外
第1部 近代日本における宗教と政治(宮中祭祀と「国家神道」―象徴天皇の現在とその道のり;筧克彦のキリスト教論―「日本基督教」と「古神道」 ほか)
第2部 主権国家の起点を探る―西洋と日本(知識としての国家―大久保利通の国家像;近世「軍事革命」における正戦論―騎士道学と軍事教育の視点から ほか)
第3部 現代国家と境界の変容―宗教と地域統合(ロールズとハーバーマスにおける宗教と政治;EU市場統合と「社会的市場経済」―複合危機と安定化機能の担い手)
結語 分裂と統合をめぐるリヴァイアサンの歴史とその先

著者等紹介

苅部直[カルベタダシ]
東京大学法学部教授、博士(法学)。1965年東京都生まれ。東京大学法学部卒業後、同大学大学院法学政治学研究科博士課程修了。東京大学法学部講師、同助教授を経て現職。専攻は日本政治思想史

梅田百合香[ウメダユリカ]
桃山学院大学経済学部教授、博士(法学)。1968年名古屋市生まれ。名古屋大学法学部卒業後、同大学大学院法学研究科博士課程修了。桃山学院大学経済学部准教授を経て現職。専攻は西洋政治思想史・社会思想史

瀧井一博[タキイカズヒロ]
国際日本文化研究センター教授、博士(法学)。1967年福岡県生まれ。京都大学大学院法学研究科博士後期課程単位取得退学。神戸商科大学助教授などを経て現職。専攻は比較法史、国制史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。