現状認識の方法―感染症時代を生き抜く科学的思考

個数:

現状認識の方法―感染症時代を生き抜く科学的思考

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2020年10月24日 06時52分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 177p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784805112144
  • NDC分類 304
  • Cコード C0034

内容説明

withコロナ時代を生き抜く、武器としての現状認識。真実と本質を知るための6つの視点。

目次

第1章 「切り取り」を避けるのは困難―客観的・科学的な認識
第2章 感染拡大はいつピークアウトした?―「三比」による認識
第3章 アベノマスクのおかげでマスクが値下がり?―因果関係の認識
第4章 感染リスクと甲子園のリスク―リスクの認識
第5章 自粛の努力を無駄にするな?―バイアスのない認識
第6章 コロナが終息すれば幸せか?―感情の認識
第7章 現状認識の総合科学

著者等紹介

日沖健[ヒオキタケシ]
日沖コンサルティング事務所代表、産業能率大学講師、中小企業大学校講師。1965年生まれ。慶應義塾大学商学部卒業。アーサー・D・リトル経営大学院修了。日本石油(現・ENEOS株式会社)勤務を経て、2003年から現職。経営戦略のコンサルティングと経営人材育成研修を行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。