楽園の島と忘れられたジェノサイド―バリに眠る狂気の記憶をめぐって

個数:

楽園の島と忘れられたジェノサイド―バリに眠る狂気の記憶をめぐって

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年08月16日 07時31分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 258p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784805112052
  • NDC分類 224.6
  • Cコード C3022

内容説明

「楽園」を襲った理不尽な大量虐殺。国政レベルの政治対立は軍や地方を巻き込み、猜疑と恐怖が人々をパニックに追いやった。こうして悲劇の幕は上がった。

目次

第1章 虐殺の背景
第2章 ジェンブラナの地方政治
第3章 ジェンブラナのムスリム社会
第4章 悪夢の始まり
第5章 一方的「報復」の様相
第6章 すべては国軍の陰謀だったのか
第7章 こうして私は「隣人殺し」になった―「普通の人々」の告白
第8章 嵐の去ったのち
第9章 和解への道を模索して

著者等紹介

倉沢愛子[クラサワアイコ]
慶應義塾大学名誉教授。1946年大阪市生まれ。東京大学大学院修了、コーネル大学大学院ならびに東京大学にて博士号を取得。在インドネシア日本大使館付専門調査員、名古屋大学教授、慶應義塾大学教授などを歴任。専門はインドネシア社会史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Koichiro Minematsu

45
楽園の島での惨劇は、人が鬼になってしまった所業である。鬼滅の刃の鬼側のストーリーに見える。50年経った今も本書を読んで思うことは、犠牲者の鎮魂は未だされていない。それでも楽園でなければならないインドネシア。正しい歴史を知ることからしか、己にできることはないと思った。2020/11/28

香菜子(かなこ・Kanako)

15
楽園の島と忘れられたジェノサイド - バリに眠る狂気の記憶をめぐって。倉沢 愛子先生の著書。バリに眠る狂気の記憶。おそろしいジェノサイド。狂気の記憶は忘れてはならない。でもおそろしいジェノサイドは決して繰り返されてはならない。楽園の島が楽園の島であり続けるにはおそろしいジェノサイドが二度と起きないようにしなくてはならいのは当たり前のこと。2022/08/15

DEE

12
共産主義に怒りを募らせた住民たちの自発的な行動と説明される、住民同士のジェノサイド。しかしそこには政治的な思惑や、国軍の恐怖を利用した煽動があったのではと、著者は考察する。 楽園と呼ばれるバリ島にこんな暗い歴史があったとは。 観光で成り立っている国であることも関係して虐殺の事実はなかったことにされ、さらには過去に親族を殺し殺されした者同士が同じコミュニティに暮らす現実。 バリ島の見方が変わる。2021/02/05

胡蝶花

1
どんなに楽園に見えても闇はある。負の歴史こそ伝えなければ。2021/12/12

Akio Kudo

1
★★★★★ まさかあの観光地バリで、50年前にこんな血なまぐさいことがあるとは。と驚かされる。非民主的国家でしかも外国人の著者がこれだけ調べるのは難儀だったはずだ。それを考えると、もっとこの問題を取り上げて欲しい2020/10/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15646585

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。