朝海浩一郎日記―付・吉田茂書翰

個数:
  • ポイントキャンペーン

朝海浩一郎日記―付・吉田茂書翰

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2020年05月29日 04時18分現在)
    【重要:納期について】
    緊急事態宣言等の影響により、出荷までに7~8日程度かかる場合がございます。
    誠におそれいりますが、ご了承のうえご注文をお願い申し上げます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 704p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784805111826
  • NDC分類 319.1
  • Cコード C3031

内容説明

終戦処理から駐米大使へ。一人の外交官が見つめ続けた戦後日本の実像。吉田茂元首相からの来信。新発見書翰一〇通を収録。

目次

昭和22(一九四七)年
昭和23(一九四八)年
昭和24(一九四九)年
昭和25(一九五〇)年
昭和26(一九五一)年
昭和27(一九五二)年
昭和28(一九五三)年
昭和29(一九五四)年
昭和30(一九五五)年
昭和31(一九五六)年
昭和31(一九五六)年
昭和32(一九五七)年
昭和33(一九五八)年
昭和34(一九五九)年
昭和35(一九六〇)年
昭和36(一九六一)年
昭和37(一九六二)年
昭和38(一九六三)年
吉田茂書翰(朝海浩一郎宛)
吉田茂書翰解題

著者等紹介

河野康子[コウノヤスコ]
法政大学名誉教授、外務省外交史料館『日本外交文書』編纂委員。1946年生まれ。津田塾大学学芸学部卒業。東京都立大学大学院社会科学研究科博士課程満期退学。法学博士(東京都立大学)。東京都立大学法学部助手、法政大学法学部教授などを経て2017年より現職。専門は日本政治史、日本政治外交史、日米関係論

村上友章[ムラカミトモアキ]
流通科学大学経済学部准教授。1974年生まれ。1997年神戸大学法学部卒業。2004年同大学院国際協力研究科博士課程修了。博士(政治学)。立命館大学ポストドクトラルフェロー、三重大学教養教育機構特任准教授などを経て2018年より現職

井上正也[イノウエマサヤ]
成蹊大学法学部教授。1979年生まれ。2002年神戸大学法学部卒業。2009年同大学院法学研究科博士後期課程修了。博士(政治学)。神戸大学大学院法学研究科専任講師、香川大学法学部准教授、成蹊大学法学部准教授を経て2017年より現職

白鳥潤一郎[シラトリジュンイチロウ]
放送大学教養学部准教授。1983年生まれ。2006年慶應義塾大学法学部卒業。2013年同大学院法学研究科政治学専攻後期博士課程修了。博士(法学)。北海道大学大学院法学研究科講師、立教大学法学部助教などを経て2018年より現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。