海洋国家としてのアメリカ―パクス・アメリカーナへの道

個数:

海洋国家としてのアメリカ―パクス・アメリカーナへの道

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年12月05日 11時55分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 280p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784805110133
  • NDC分類 253
  • Cコード C1031

出版社内容情報

新興国家アメリカを突き動かした「西への衝動」その発端と展開

内容説明

アメリカにとって海洋とは何か?新興国家アメリカをアジアや中東など国際社会への関与に駆り立てたものはなんだったのか。

目次

第1部(海洋国家アメリカの夢―合衆国憲法の制定と海軍の誕生;海軍兵学校の創設と士官教育―アメリカが求めた軍人像;ネイバルアカデミズムの誕生―スティーヴン・ルースの海軍改革)
第2部(ローズヴェルト大統領と「海洋国家アメリカ」の建設―世紀転換期における日米関係の新時代;「パクス・アメリカーナ」の誕生―英米関係と海洋覇権の移行;海底ケーブルと通信覇権―電信の大英帝国からインターネットのアメリカへ)
第3部(海運政策とパクス・アメリカーナ;アメリカ海軍における空母の誕生と発展;ペルシャ湾岸へのアメリカの関与、政策と海洋)

著者等紹介

田所昌幸[タドコロマサユキ]
慶應義塾大学法学部教授、法学博士。1956年大阪府生まれ。1979年京都大学法学部卒業。1981年同大学大学院法学研究科修士課程修了。1983年ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス修了。1984年京都大学大学院法学研究科博士後期課程退学。防衛大学校教授などを経て2002年より現職

阿川尚之[アガワナオユキ]
慶應義塾大学総合政策学部教授。1951年東京都生まれ。1977年米国ジョージタウン大学外交学部卒業。ソニー株式会社に入社。1984年米国ジョージタウン大学ロースクール卒業。日米の法律事務所などを経て1999年より現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

3
アメリカの海洋覇権はいかにして確立されたか、タイトルにはないけど、アメリカ海軍に関する論文が多くを占める。各論文を通読して思うのは、やはりセオドア・ローズヴェルトの存在の大きさ。一方で、今まさに中国の挑戦を受けつつある海洋覇権はどうなるのか。英国から米国への覇権の移行はおだやかに成し遂げられたが、そうはいきそうにない。あ、以前こんぱすさんが書かれていたとおり、一本だけできの悪い世界の艦船みたいな論文が載ってました。戦後の40年ほどで1万2千機の艦載機が失われたってほんとなのかな、出典は書いてあるけど…2018/07/07

さいごの砦

0
図書館でたまたま見つけた。2016/06/01

ワッキー提督

0
海洋国家としてのアメリカを構成する種々の要素に着目した通史的一冊。海底ケーブルや商船隊などの軍事力以外の「シーパワー」に関する章が面白かった。筑波大学図書館にて。2014/08/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7383629

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。