英語のバカヤロー!―「英語の壁」に挑んだ12人の日本人 ポケット版 (ポケット版)

個数:

英語のバカヤロー!―「英語の壁」に挑んだ12人の日本人 ポケット版 (ポケット版)

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2020年02月17日 20時18分現在)
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A6判/ページ数 223p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784803003512
  • NDC分類 830.4
  • Cコード C0195

目次

養老孟司(解剖学者)―もうね、英語なんてばかやろうと思うんですよ
竹中平蔵(経済学博士)―英語の壁は毎日感じる。でも、「向かっていく精神」を持つしかない
中村修二(電子工学者)―私は今でも、アメリカ人同士の会話には加われない
上野千鶴子(社会学者)―私は英語圏で勝負するのを断念した
坂東眞理子(昭和女子大学学長)―ジャパニーズ・イングリッシュでも品格が大事
浅野史郎(前宮城県知事)―アメリカで私は「Silent Student」だった
明石康(元国連事務次長)―カタコトでも、なまっていても、自分なりの英語でよい
本川達雄(生物学者)―英語の壁は、日本と西洋の「思想の壁」に通じる
酒井啓子(中東研究者)―国際学会が近づくと、必ず悪夢を見るんです
松沢哲郎(動物心理学者)―英語が下手でも、すばらしい研究はみんな固唾をのんで聞きますよ〔ほか〕

著者等紹介

古屋裕子[フルヤユウコ]
1977年生まれ。千葉県出身。筑波大学第一学群人文学類卒。出版社勤務などを経て、2007年よりインド法人クリムゾンインタラクティブ勤務。現在マーケティング部長。クリムゾンインタラクティブは、総合的な英語ソリューションを提供する在ムンバイの言語サービス企業であり、とくに英文校正サービスにおいては業界最大手。英文校正エナゴ、翻訳ユレイタス、英語テープ起こしボックスタブの3つのサービスを機軸とし、日本の顧客を中心にビジネス展開している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。