竹書房文庫<br> 星なき王冠〈下〉―ムーンフォール・サーガ〈1〉

個数:
電子版価格
¥1,485
  • 電書あり

竹書房文庫
星なき王冠〈下〉―ムーンフォール・サーガ〈1〉

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2024年04月12日 23時42分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 608p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784801938694
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

出版社内容情報

刻一刻と近づく破滅の時
死刑宣告を受けた預言者少女と不思議な縁で集った仲間たち
はるか遠い過去の秘密をあばき、そして自分たちの世界を救うために、
仲間たちは危険な旅路に乗り出す――

〈シグマフォース〉を超える異世界ファンタジー・シリーズ開幕!

〈あらすじ〉
家族と離れ離れになったニックスのもとに、修道院学校の友人、国王の次男の王子、錬金術師、誓いを破った騎士、海賊、謎のブロンズ像を連れたこそ泥といった人たちが集まる。寄せ集めの仲間たちともに、彼女は王国軍の追っ手を逃れて危険な生き物が生息する奥地をさまよう。一方、国王の側近の中にはブロンズ像を執拗に追う一派もいた。また、国王の長男で次期国王の座が約束されているマイキエン王子も、ある目論見を抱いていた。破壊の爪痕を残しながら迫りくる王国軍の巨大な戦闘艦に追われ、ニックスたちは禁断の地に足を踏み入れる。そこで明らかになった驚くべき秘密とは? ニックスたちはアースを月の落下という破滅から救えるのか? 壮大なスケールの物語がここに幕を開ける。

?作家・メディアも絶賛!

「この才能あふれる作者はスリラーからファンタジーに苦もなく移行する……とてつもないストーリーテリングの作品だ」
 ―― テリー・ブルックス

「読者を引きつけて離さない魅力があり、想像力を刺激する――ページをめくる手が止まらない。
 壮大な世界設定、これまでにない魔法体系、多彩な登場人物を備えた叙事詩的ファンタジーが好きな人ならば、私と同じようにこの本を楽しめるだろう」
 ―― ミステリー&サスペンス・マガジン

「楽しい作品で……幻想的な生物と風景は想像力豊かだ……プロットのしっかりしたファンタジーを探している読者は展開を楽しめるだろう」
 ―― パブリシャーズ・ウィークリー

「科学と魔法の融合、空飛ぶ船、予言する神々が、このファンタジーを叙事詩の領域に押し上げている」
 ――ライブラリー・ジャーナル

「巧みに練り上げた登場人物、移り変わる視点、比類なき世界設定、大いなる遊び心が、この作品を誰もが認める勝者にしている」
 ―― ジョナサン・メイベリー

「信じられないようで信憑性のある魔法と危険の世界は、恐ろしいと同時に美しく、残酷であると同時に優しさに満ちている。
 ジャンルを超えたストーリーテラーの達人ジェームズは、『星なき王冠』でその本領を発揮している」
 ――R.A. サルバトーレ[作家]

内容説明

家族と離れ離れになったニックスのもとに、修道院学校の友人、国王の次男の王子、錬金術師、誓いを破った騎士、海賊、謎のブロンズ像を連れたこそ泥といった人たちが集まる。寄せ集めの仲間たちとともに、彼女は王国軍の追っ手を逃れて危険な生き物が生息する奥地をさまよう。一方、国王の側近の中にはブロンズ像を執拗に追う一派もいた。また、国王の長男で次期国王の座が約束されているマイキエン王子も、ある目論見を抱いていた。破壊の爪痕を残しながら迫りくる王国軍の巨大な戦闘艦に追われ、ニックスたちは禁断の地に足を踏み入れる。そこで明らかになった驚くべき秘密とは?ニックスたちはアースを月の落下という破滅から救えるのか?壮大なスケールの物語がここに幕を開ける。

著者等紹介

ロリンズ,ジェームズ[ロリンズ,ジェームズ] [Rollins,James]
1961年イリノイ州生まれ。1990年代後半から作家としての活動を始め、2004年に発表した『ウバールの悪魔』に登場した「シグマフォース」を、2005年の『マギの聖骨』から本格的にシリーズ化。以後、『ナチの亡霊』『ウイルスの暗躍』などを経て、2023年にアメリカで刊行された最新作Tides of Fireに至るまで、シリーズは十六作(『ウバールの悪魔』も含めると十七作)を数える

桑田健[クワタタケシ]
1965年生まれ。東京外国語大学外国語学部英米語学科卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

KAZOO

89
話が大きすぎるのと登場人物がかなり多いので、主要人物以外は確認しながら読みました。王国軍が空を飛ぶ戦艦で主人公たちを追いかけますが、様々な人々の助けなどで何とか逃れます。私は宮崎駿さんの「風の谷のナウシカ」や「天空の城ラピュタ」を思い出しました。この作者はかなりそこからヒントを得ているのではないかと感じました。2024/02/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21660354
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。