ラズベリーブックス<br> 海賊のキスは星空の下で

個数:
電子版価格 ¥1,760
  • 電書あり

ラズベリーブックス
海賊のキスは星空の下で

  • ウェブストアに6冊在庫がございます。(2024年02月26日 08時57分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 480p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784801938557
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

出版社内容情報

大人気ドラマ〈ブリジャートン家〉
原作シリーズ待望の最新刊!!

ブリジャートン家令嬢が海賊にさらわれた!?
でも実は船長には秘密が……


【あらすじ】
ブリジャートン子爵の姪ポピーは、2回目の社交シーズンを終え、婚約どころか気になる人もできず、退屈をもて余していた。そんな時、海辺の町に住む友人に誘われて屋敷に滞在することに。ひとり海岸の散歩を楽しんでいると、いかにも海賊が略奪品を隠していそうな洞窟を発見する。わくわくするポピーだったが、そこにはなんと本当に”海賊“がいて連れ去られてしまう。
私掠船の船長だというアンドルーは実は元海軍将校で、今は機密文書の受け渡しという政府の任務を帯びていた。おまけにポピーが自分の縁戚であることにも気づく。アンドルーの兄である次期マンストン伯爵がポピー従姉と結婚しているのだ。
ポルトガルへの航海は一刻を争うもので、すぐ解放することはできないが、ポピーの評判を守るには、失踪を内緒にするよう友人に手紙を送り、任務完了後に素早く帰すしかない。さらに船員たちにも存在を秘密にするため、ポピーはアンドルーと船長室で寝泊まりすることに。
はじめは憤慨していたポピーだったが、いつしかアンドルーとの会話を楽しむようになっていた。そしてアンドルーもポピーに惹かれて……。
好奇心旺盛な令嬢と、秘密を帯びた海賊。ふたりの恋の行方は――?

内容説明

ブリジャートン子爵の姪ポピーは、2回目の社交シーズンを終え、婚約どころか気になる人もできず、退屈をもて余していた。そんな時、海辺の町に住む友人に誘われて屋敷に滞在することに。ひとり海岸の散歩を楽しんでいると、いかにも海賊が略奪品を隠していそうな洞窟を発見する。わくわくするポピーだったが、そこにはなんと本当に“海賊”がいて連れ去られてしまう。私掠船の船長だというアンドルーは実は元海軍将校で、今は機密文書の受け渡しという政府の任務を帯びていた。おまけにポピーが自分の縁戚であることにも気づく。アンドルーの兄である次期マンストン伯爵がポピーの従姉と結婚しているのだ。ポルトガルへの航海は一刻を争うもので、すぐ解放することはできないが、ポピーの評判を守るには、失踪を内緒にするよう友人に手紙を送り、任務完了後に素早く帰すしかない。さらに船員たちにも存在を秘密にするため、ポピーはアンドルーと船長室で寝泊まりすることに。はじめは憤慨していたポピーだったが、いつしかアンドルーとの会話を楽しむようになっていた。そしてアンドルーもポピーに惹かれて…。好奇心旺盛な令嬢と、秘密を帯びた海賊。ふたりの恋の行方は―?

著者等紹介

クイン,ジュリア[クイン,ジュリア] [Quinn,Julia]
ハーバード大学ラドクリフ・カレッジ卒業後すぐにロマンス小説を書き始め、1995年にSplendid(邦題:『すみれの瞳に公爵のキスを』)で作家デビュー。2000年に発表した“ブリジャートン家”シリーズの第1作、2作、4作がRITA賞の候補作に選ばれ、人気ヒストリカル・ロマンス作家としての地位を確立。2007年、シリーズ第8作がついに受賞。その他2作品がRITA賞を受賞している。また“ブリジャートン家”シリーズはドラマ化され、世界中で大人気を博している。米国ロマンス作家協会殿堂入り。太平洋岸北西部に家族と在住

村山美雪[ムラヤマミユキ]
東京都出身。出版社、外資系商社勤務を経て出版翻訳の道に入る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

22
1786年。子爵の姪ポピーは洞窟に忍び込み、積み荷を発見してしまい、私掠船に連れ去られ、船長に預けられる。船長アンドルーは伯爵の三男で政府の任務を帯びていたため、そのままポルトガルまでポピーを連れていくことに。迷信深い船乗りたちにばれないよう船長室に閉じ込められることになった二人の会話がとても楽しかった。ポルトガルのポンバル建築様式で兵士たちを大勢動員して、足を踏み鳴らさせて、建物の耐震性をみた話しが興味深かった。ポピーはブリジャートン家のヒヤシンスにとても似ていたと思った。2023/12/15

rokoroko

19
ブリジャートン家の新刊 ブリジャートン家の母バイオレットの亡き夫の姉妹のシビラおばさんの配偶者の兄弟とブリジャートン家の傍系の方との話・・面倒な説明「恋の始まりは屋根の上で」のシリーズもの・・こういうスピンオフってあの人はどうなったか?という興味で読むものだからすっかり忘れてて記憶を戻らせるの大変。最初にこのシリーズ再読しないといけなかった!と痛感した2023/12/12

aiko

2
ブリジャートン家本編の親世代ロークズビー家シリーズ③ 19年刊の2作目以来、久々に続きが読めて嬉しい。活発すぎるブリジャートン家の令嬢ポピーと、彼女を攫う羽目になる謎めいた私掠船の船長アンドルー。船室に籠る二人が交わす会話がとにかく楽しく、ポルトガルに着いてからの生き生きしたポピーが大変魅力的。ロマンスに襲い来る事件にと波瀾万丈な冒険ロマンスでした。2023/12/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21628059
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。