竹書房文庫<br> 忌怪島―小説版

個数:
電子版価格
¥935
  • 電書あり

竹書房文庫
忌怪島―小説版

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年04月17日 14時25分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 380p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784801935372
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

2020年――「犬鳴村」
2021年――「樹海村」
2022年――「牛首村」

そして2023年、恐怖の舞台は〝村〟から〝島〟へ――

2023年6月16日(金)公開
清水崇 監督・西畑大吾(なにわ男子)主演
映画「忌怪島/キカイジマ」を完全小説化!

バグじゃない! 呪いだ!

絶海の孤島で起こる謎の連続死
現実と仮想が交わり始める時
最恐の呪いが再起動する……

あんたらが見たっちゅう赤い女ね……
そりゃイマジョだよ。
この島が生んで、
こびりついた罪穢れさぁね……

〈あらすじ〉
同日、同時刻、同じ死に方をした男女
全く別の場所の室内で、2人は海水に溺れて死んだ……

未だシャーマンが棲む島。
その島でVR研究を行う片岡友彦とチーム「シンセカイ」。
突然のシステムエラー、突如出現する赤いバグ。
シャーマンは語る──「それは〝イマジョ〟じゃ」
交わり始める異世界と現実世界。
瞬く間に島を覆う怪奇と死──。
〝イマジョ〟との関係は?
彼らは謎を解き明かし、生きて島を脱出することができるのか……!

内容説明

同日、同時刻、同じ死に方をした男女全く別の場所の室内で、2人は海水に溺れて死んだ…。未だシャーマンが棲む島。その島でVR研究を行う片岡友彦とチーム「シンセカイ」。突然のシステムエラー、突如出現する赤いバグ。シャーマンは語る―「それは“イマジョ”じゃ」交わり始める異世界と現実世界。瞬く間に島を覆う怪奇と死―。“イマジョ”との関係は?彼らは謎を解き明かし、生きて島を脱出することができるのか…!

著者等紹介

久田樹生[ヒサダタツキ]
作家。徹底した取材に基づくルポルタージュ系怪談を得意とするガチ怖の申し子(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

HANA

67
前作までは村だったが、今度は舞台を島に移しての恐怖劇。物語の様相も変わり、前までは肝試しの若者が酷い目に遭うのと、それに関連した村の因縁が物語られていたけど、本作では最先端の技術VRMMOが話の中心。ただ文中にある様に「高度に発達した科学は魔法と区別がつかない」という有名な言葉のように、自分の頭じゃどうなってるのか科学の説明書みたいに解り辛いところも。ただこういう科学によって未知との通路が開くって設定惹かれますよね。読んでいると名作『回路』を思い出す部分も。とあれ新しい島シリーズ、今後に期待したいです。2023/06/27

のりすけ

23
映画観て補填する意味合いで読んだ。このシリーズ(「村」ときて「島」)はノベライズ読まないと分かんない部分があるのが不親切。だけどこれをそのまま映画化したらR指定かかるで!と思うようなハードな内容。映画では意味深に終わったラストもきれいにまとまってて良かった。執拗に左目を狙うイマジョがコワイ。あとがきが一番コワイ。とりま、アッキーナが今回も出てたのが善き…善き?本土にもイマジョ拡散のヨカーン。『忌怪島』本気versionが観たいよぅ。2024/04/10

さやなか

23
本文よりも著者のあとがきの方が怖いって言うね。昔読んだ「リングシリーズ」にも似た感も得たが、説明が足りないのか私の知識不足なのもあるが、祟りや呪いという類いのものにVR技術の設定を盛り込ませるのは私的にはラムネにサイダーを混ぜ合わせるようなもので、惹かれる要素が残念ながら薄かったです。絶望の中にも希望を与え、しかし、最後は結局不穏なまま終わる流れはホラーあるあるなので、ならば余計な設定はせず、もう純粋に呪いや祟りを描ききってほしいと1人呟き程度の不満であります。映像ではまた違うのだろうか。うーむ。2023/09/22

23
映画観てから読んだ。まあまあかな。2023/06/18

キナコ

18
映画を見たが、一部分からない部分もあったので購入。文章だと、またキャラクターの関係性が変わって見える。チーフと主人公の関係とか、チーム感のぎこちなさなども分かりやすかった。読了後に再度映画を見ると、また違った印象がある。2024/02/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/20788991
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。