竹書房文庫<br> ベストSF2022

個数:

竹書房文庫
ベストSF2022

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年04月19日 04時34分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 456p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784801932128
  • NDC分類 913.68
  • Cコード C0193

出版社内容情報



大森 望[オオモリ ノゾミ]
編集

著者等紹介

大森望[オオモリノゾミ]
1961年、高知市生まれ。京都大学文学部卒。翻訳家、書評家、SFアンソロジスト。責任編集の『NOVA』全10巻で第34回日本SF大賞特別賞、第45回星雲賞自由部門受賞。共編の“年刊日本SF傑作選”全12巻で第40回日本SF大賞特別賞受賞。『ゲンロン大森望SF創作講座』主任講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

yamatoshiuruhashi

53
流石、大森望。なかなか面白いものを集めてくる。とは言え、一人の作家の短編集ではないので好みが分かれるところもある。私一人が読んでも個人的に好みが分かれるように、編者は幅広く新しいSFを読み撰んでいるわけで、SF界への貢献は大きい。大森望は現代SF界の紀貫之だ。私の好みは、滑りまくる漫才コンビの滑る理由を科学的に説明しつつ、その二人に笑い死にする伝染病から世界を救わせる「絶笑世界」(十三不塔)と「百年文通」(伴名 練)。特に後者はジャック・フィニィの「愛の手紙」のオマージュで懐かしさも伴う。2023/05/05

Aminadab

28
酉島・津原・円城は平常運転で読み応えあり。溝渕・十三・鈴木+山本も佳編だが、今年は巻末の中編、伴名練「百年文通」が圧倒的。題名からわかるようにJ・フィニイの有名短編を出発点にがしがしとドライブをかけていくんだが、この極上リーダビリティはまるで綾辻行人みたいだ。さらにいいのは、今次コロナ禍に対処する人類の(SFなので)不甲斐なさに、作者が内心ものすごく怒っているのがひしひし伝わってくるところ。感染症下の現在は一種の戦時なので発言には慎重を要する。SFというのはまさにこういうときに活用すべきジャンルだと痛感。2022/09/13

塩崎ツトム

27
【酉島伝法】おふとんくんよりも明らかにやばい労働環境を当たり前に受け止めているホモサピの方が怖かったゾ。【十三不塔】身体には気をつけてくださぁい 大変なんすからもう【円城塔】This is an Ex-parrot!【鈴木+山本】二度読んでも面白い。【伴名練】読んでてすんげー照れ臭かった。 それと毎年、末尾の「SF概況」で悶絶する。「あああ他の人はこんなに色んなアイディアの引き出しがあるんだうらやましい」っていう感じで。2022/09/23

緋莢

22
2021年(月号・奥付に準拠)に発表されたSFの短編から、編者がベストだと思った10編が収録されています。序で書かれていますが、新人多め、しかも単独著書のない作家が約半数とのこと。これは、同じく2021年に出た伴名練 編『新しい世界を生きるための14のSF』、井上彼方 編『SFアンソロジー 新月/朧木果樹園の軌跡』も同じ傾向らしいです(続く 2023/01/18

ふりや

21
大森望さん編纂の日本SF年間ベストアンソロジー第三弾。2021年に発表されたSF作品の中から10篇を収録。常連の円城塔さんや伴名練さんをはじめ、既読のものも含めてどの作品もとても楽しめました。なにより、ずっと読みたかった酉島伝法さんの『もふとん』が収録されているのが嬉しい!カヤヒロヤさんのカバーイラストも例年と比べて可愛らしい雰囲気で、こういう感じも好きです。印象に残ったのは、酉島伝法さん『もふとん』溝渕久美子さん『神の豚』十三不塔さん『絶笑世界』坂崎かおるさん『電信柱より』伴名練さん『百年文通』など。2022/09/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19648609
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。