竹書房文庫<br> ダリア・ミッチェル博士の発見と異変―世界から数十億人が消えた日

個数:
電子版価格 ¥1,320
  • 電書あり

竹書房文庫
ダリア・ミッチェル博士の発見と異変―世界から数十億人が消えた日

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2021年12月03日 16時26分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 432p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784801928527
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

出版社内容情報

本書は2028年に刊行された、2023年に全世界で発生したパンデミックの謎をジャーナリストであるキース・トーマスが追ったノンフィクションである――。
銀河系のはるかかなたの天体から届いた謎の信号によって人類のDNAがハッキングされ「エレベーション」という症状を引き起こす感染症が蔓延。世界的なパンデミックが発生する。
5年後、ジャーナリストのキース・トーマスが、信号を発見した女性科学者をはじめ対策本部、政府高官らへのインタビューや議事録をまとめたのがこの本である。果たして信号はエイリアンからの友好のメッセージか、侵略兵器なのか?
ファーストコンタクトをテーマにした異色のモキュメンタリーSF。

内容説明

ダリア・ミッチェル博士によって発見された謎のパルスコードは、高度な知性を持つ銀河系外の生命体が送信したものだった。それは地球人のDNAをハッキングするコードであり、その結果、世界から数十億人が消失した。パルスコードとは、いったいなんだったのか。そして消えたひとびとはどこへ行ったのか。パルスコードの発見から5年。ジャーナリストのキース・トーマスが世界を変えた出来事の意味を明らかにする。ミッチェル博士の私的な記録とアメリカ前大統領へのインタビューをはじめ、世界を変える現象に立ち向かった対策チームの機密記録、関係者へのインタビューをまとめた一冊が遂に刊行。

著者等紹介

トーマス,キース[トーマス,キース] [Thomas,Keith]
作家、映画製作者。映画やテレビの脚本を書く前は、コロラド大学医学部と国立ユダヤ医療研究センターで臨床研究者として働いていた

佐田千織[サダチオリ]
関西大学文学部卒。英米文学翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

本の蟲

15
本作に限らず最近のSF出版は竹書房が熱い! 天文学者ダリアが発見したのは、間違いなくある種の知性体が発信した、深宇宙からの信号。それはメッセージなどではなく、人類のDNAを変質させるプログラムだった。全人類の3割が電磁波や重力波、死んだ人間など、普通見聞きできないものを知覚し、次いで人知を超えた能力を発揮しはじめる。「上昇」と呼ばれたその混乱と、国家と世界が崩壊した「終局」まで。関係者の日記、取り調べの記録や、インタビューをまとめた形で書かれたルポタージュ風叙述小説(続2021/11/27

東雲

12
地球外生命体とのファーストコンタクトはどのようなものだろう。返信を期待した交信? 或いはボイジャーのゴールデンレコードのようなメッセージボトル? 本作でダリア・ミッチェル博士が発見したパルスコードは、高度な知性を持つ銀河系外の生命体が地球人のDNAをハッキングするためのコードであり、その結果世界から数十億人が「上昇」、消失したと語られる。「終局」から五年後に当事者の私的記録やインタビューをまとめたノンフィクション本として出版されたのが本書という設定だ。実に精巧だが、物語として読めたらより楽しめただろうな。2021/11/19

臓物ちゃん

11
「宇宙人からのシグナルのせいで人類の3割が異能力者になっちまったァ〜!」というバトル漫画の序盤みたいな出来事の発端から終局までを関係者のインタビューを交えて纏めた、異色の本格ファーストコンタクトSF。表紙のヤバさも含めてドチャクソに面白ぇ!マックス・ブルックス『WORLD WAR Z』や大樹連司『GODZILLA 怪獣黙示録』のようなフェイクドキュメンタリー小説の新たな傑作だぜ。異能力者の出現でSNSでは陰謀論が拡散、大暴動に陥るという人間クソムーブの果てに宇宙人の意外な本心が明かされる。激押しの一冊。2021/11/12

ふるい

9
面白かった‼︎もしほんとうに地球外の知的生命体との接触(?)が起こったら、実際社会や人ははこんなふうに変わるのかもしれないという現実感があった。科学者、元大統領、政府関係者などへのインタビューからなるドキュメンタリー形式だが、中心的な人物のダリア博士とバラード元大統領どちらも女性なのがいいと思う。2021/11/20

YSHR1980

2
大きな喪失を伴う人類の変容を綴ったドキュメンタリー。いまだ混乱から抜けきらない時期の出版でありながら、意外にもどこか希望を感じさせる語り口であった。2021/11/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18354771

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。