竹書房怪談文庫<br> 「超」怖い話 辛

個数:
電子版価格
¥748
  • 電書あり

竹書房怪談文庫
「超」怖い話 辛

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年04月18日 03時42分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 223p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784801927490
  • NDC分類 147
  • Cコード C0193

出版社内容情報

「私はここで待ってるから、どうぞ…」

旧家の<奥の間>を掃除するバイト
家の者は入れないというそこに一体何が…(「奥の間」より)

怪に侵蝕された人々に取材した聞き書き恐怖譚!


体験者からの聞き書きに拘り、彼らの遭遇した怪、体験した恐怖を通じて怪に侵食される人生、ひいては人間そのものを炙り出さんとする実話怪談集。
神棚が祀られている旧家の納戸を掃除するバイト。家の者は入ってはならない決まりだというのだが…「奥の間」
閉店を決めたパチンコ店。最終日のホールに現れた〈地主〉と呼ばれる者たちの正体は…「営業、最後の日」
神社から父におぶわれて帰る道すがら、シャツの裾を引いてきたのは…「つまみ子」
親には見えない友達と遊ぶ娘。カレンダーに丸の付けられた日に何が…「ミハルはもういない」

他、いまだ色褪せぬ恐怖の記憶を取材した全24話。

内容説明

体験者からの聞き書きに拘り、彼らの遭遇した怪、体験した恐怖を通じて怪に侵蝕される人生、ひいては人間そのものを炙り出さんとする実話怪談集。神棚が祀られている旧家の納戸を掃除するバイト。家の者は入ってはならない決まりだというのだが…「奥の間」、閉店を決めたパチンコ店。最終日のホールに現れた“地主”と呼ばれる者たちの正体は…「営業、最後の日」、神社から父におぶわれて帰る道すがら、シャツの裾を引いてきたのは…「つまみ子」、親には見えない友達と遊ぶ娘。カレンダーに丸の付けられた日に何が…「ミハルはもういない」他、いまだ色褪せぬ恐怖の記憶を取材した全24話。

目次

不思議な弟
娘の友達
ご挨拶
奥の間
魂追い
針金
つまみ子
虫干し
しつけ
山電話
ユーチューバー
赤いバスタブ
夜釣り
仏壇を棄てる
幽霊コーチ
フォール・ガイ
泊まれない
見えない
入道
サイコロステーキ
営業、最後の日
横綱
ハーモニー
ミハルはもういない

著者等紹介

松村進吉[マツムラシンキチ]
1975年、徳島県生まれ。2006年「超‐1/2006」に優勝し、デビュー。2009年から老舗実話怪談シリーズ「超」怖い話の五代目編著者として夏版を牽引する

深澤夜[フカサワヨル]
1979年、栃木県生まれ。2006年にデビュー。2014年から冬の「超」怖い話“干支シリーズ”に参加、2017年『「超」怖い話 丁』より“十干シリーズ”の共著も務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

31
現代の怪談を感じるユーチューバーやサイコロステーキの話。そして旧家の開かずの間にいるものの正体とは?こう言う話が入り交じる面白さがあった。2021/08/29

qoop

10
あえて分類するなら本書所収の作品はだいたい掌編と短編の中間くらいのページ数だが、これは読み手がありつつキレも求められる難易度の高い分量だと思う。会話と描写を重ねれば重ねるだけ創作的に感じられるし、単なる引き延ばしと受け取られないようなネタ選びも限られるだろうし。そうした中で、小説的な構成と訳の分からなさの入り混じった深澤夜氏〈針金〉、細部を積み重ねてリアリティを誘う松村進吉氏〈山電話〉は特に印象に残った。2021/08/01

海星梨

7
KU。登録しようにも出てこなくて困ってたんですよねー。一年に一冊刊行ものの安定の面白さがあります。コロナ禍の「いま」だからこその怪談も多くて良かったです。まぁ、8月1日オリンピック期間だからよかったものの、今の状態で読むとまた違った感想になりそうですが。2021/08/01

検尿泥棒

3
サイコロステーキと横綱が面白かった。どの話しも最後ぼかさずに詳細とか正体をはっきり書いてほしいなぁと思った。パチンコ店の話しがよくわからなかった。2021/08/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17912062
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。