蜜夢文庫<br> 彼は不埒な秘密の共犯者 - あの日に帰るために甘く抱いて

個数:
電子版価格 ¥924
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

蜜夢文庫
彼は不埒な秘密の共犯者 - あの日に帰るために甘く抱いて

  • 当麻咲来/すみ
  • 価格 ¥924(本体¥840)
  • 竹書房(2021/07発売)
  • 秋の夜長 全店ポイント2倍キャンペーン(~9/23)
  • ポイント 16pt
  • ウェブストアに17冊在庫がございます。(2021年09月23日 05時11分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 292p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784801927445
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

俺なら気持ちよくしてあげるのに
それでも私はあなたを選べない
愛する人を助けたい弁護士の卵×娘のためにタイムリープを繰り返す人妻

【あらすじ】
「俺とエッチしてみない? それでまたタイムリープできるかもしれへんし」。恋人との初体験で妊娠し、仕事を辞めて専業主婦になった菜々子。だが夫は家庭を顧みず、浮気の影が。ある晩、酔って帰宅した夫に無理やり押し倒され、抵抗した菜々子は首を絞められて気を失ってしまう。目覚めると彼女がいたのは4年前。愛娘のために未来に戻りたいと願う菜々子は、ある男性の力を借りて……。

【本文抜粋】P51~P53 「第一章 二十五歳・春」より
「菜々子さん、綺麗や。胸、大きいなあ。肌も綺麗やし、触り心地もいいし。最高や」
 褒め言葉とともに、キスがいくつも肌に落ちてくる。そのたびにぞわぞわとするような愉悦がこみあげてきて、ひくりと体が震えるようになってきた。
「……反応がエロくてドキドキする。こんなに硬くしているし」
 ニヤリとほんの少し意地悪く笑うと、ずっと熱を持っていた胸の先を唇で覆う。
「ひゃうっ……」
 思わず間の抜けた声を上げてしまったけれど、彼は唇でそれを覆ったまま、舌先で尖ったそれを転がす。もう一方の胸の先も、指の腹で潰すように刺激した。
「やぁっ……そこっ」
 両方の乳首を弄ばれて、思わず声が上がってしまった。イヤらしく舐められ、吸われて体が淫らに震えてしまう。逃げ出したいほど恥ずかしいのに、気持ちよくて力が抜けてしまう。
「……声も可愛い。感じるたびにふるふる震えて、ほんま……いろいろたまらへん」
 あけすけな言葉も、方言交じりのせいか、すんなり菜々子の耳に入ってくる。
「やだっ……恥ずかしいっ」
「今の『やだ』は本気で嫌がってないから、カウントせぇへん」
 意地悪く囁かれ、カリと甘く胸の先を?まれて、ひときわ高く啼いてしまう。
「ほら、気持ちいいんやろ?」
「だっ……ダメ」
「ふぅん。ダメやったら、やめた方がいい?」
 くすくすと楽しげに笑う様子は、先ほどまでの優しいものから少しだけ意地の悪いものに代わっていて、なぜだかそれが余計に菜々子をドキドキさせた。
「そういう時は、素直に気持ちいい、って言う方がいい」
 そう言うと、額にキスをした。じっと見つめられてまた視線が合う。優しい表情と、どこか情欲を秘めた瞳にドキリ、と心臓が高鳴る。明るくて陽気な人だけど、こういう風になった瞬間、瞳の奥に仄暗い情欲の陰りみたいなものが見えるから、その視線に捕らわれてしまう。
「例えばこんな風にされたら?」
 きゅうっと胸を少しだけ強く?まれて、男性らしい節の目立つ指が柔らかい白い肌に食い込む。せり出された胸の先端を吸い上げられた上に、舌先でさんざん転がされる。
「あっ……はぁっ」
「……気持ちいいやんな」
「んっ……気持ちいっ……」
 そう答え